JUGEMテーマ:スポーツ

 

稀勢の里の初優勝が決まりました。初日から落ち着いた相撲を見せ、さて千秋楽の白鵬戦に臨みます。

 

今場所の稀勢の里、まずは立合いが安定していますね。両手を少し手前に引いて、重心を残して立てています。もちろん、この立合いは数場所前から見せていたのですが、横綱大関戦や嫌な相手との取組などでは前に突込み気味の立合いが顔を出すのが今までのことでした。「この場所は違うぞ」と思わせて、大事な一番で気負った立合いを見せて期待を裏切ってきた部分はありますが、千秋楽の白鵬戦の立合いは・・・今場所は大丈夫でしょう。

 

もう一つ、相撲内容については、以前は左下手に拘る相撲が気になっていました。腰高の稀勢の里、左のかいなを返して相手の重心を自分より高くしてしまえば良いと、何度もブログで書いてきました。今場所は左のかいなが生きていますね。かいなを返して相手を起こし、それから下手を引いてから引き付けています。だから土俵際の逆転という展開にもなっていません。

 

立合いの安定と、相手を起こすまで攻め急がない、この相撲内容は横綱に相応しい風格さえ感じます。

 

さて横綱昇進についてですが、横審は千秋楽の白鵬戦を見ずとも昇進させたい、とのコメントを目にしました。かなり甘めの見解とは思いますが、そういう雰囲気にはなっていますね。

 

双羽黒の廃業問題以来、横綱昇進基準が厳しくなったと、これは繰り返し言われていることですが、実際のところはどうでしょうか?昭和の大相撲でも、横綱昇進は甘かったわけではなかったと思います。

 

栃若の黄金時代を築いた栃錦・若乃花、両雄揃って最初の昇進のチャンスを逃しています。そして、北玉時代を北の富士と築いた玉の海も最初のチャンスを逃しています。明確な基準が無く、横綱に相応しいかということを判断しなければならなかった時代ですから難しかったと想像できます。栃錦・若乃花・玉の海に共通していたのは、体が小さかったということです。千代の山は大関で2場所連続優勝でも見送られました。新大関になっての連続優勝ですので、大関在位2場所では時期尚早という判断だったと思われます。千代の山と同時代の横綱、東富士・鏡里・吉葉山は甘めの昇進でした。想像するに、東富士や鏡里、吉葉山といった見るからに横綱らしい容姿の力士には、「早く横綱姿が見たい」「もう充分に期待に応えている」という雰囲気が有ったのでしょう。数字だけではない部分が、昭和の横綱昇進には色濃く反映されています。

 

この「横綱昇進への雰囲気」というのは、稀勢の里にも言えそうです。個人的には、昇進となれば甘い基準と感じます。しかし若くして入幕し、朝青龍への挑戦、白鵬・琴欧洲・日馬富士との出世争いというドラマを見続けてきた大相撲ファンにとっては、「横綱昇進への雰囲気」が出来上がっても当然。今回は、この昭和的な「昇進への雰囲気」を重要視しても良いのかもしれませんね。

 

 

初場所も残り3日。

力士の重量化によって面白い相撲が見られない、最近のファンは可哀相という記事を書いたのが去年の9月でした。

 

今場所は違いますね。

まずは荒鷲、曲者という感じです。朝青龍・白鵬の並立時代から、度々「横綱に対しての相撲が正直すぎる」「曲者がもっと出てきてほしい」と書いてきましたが、荒鷲は良いですねぇ。

 

それから玉鷲、突き押しに磨きが掛かりました。時間は掛かりましたが、それだけ突っ張りは難しい技術だということが分かります。碧山が優しい顔立ちなのに拍手が少ないのは、突っ張りの指が相手の目に入ることがあったからでは、などと思ったりします。

 

突っ張りは御嶽海も良いですねぇ。

 

初日の大相撲中継で今年期待の若手に上げられていた遠藤と正代、地力はまだまだのようです。しかし遠藤の右前廻しと正代の両差し、型が出来ています。大関候補うんぬんは別にして、型のある力士の相撲には攻防が生まれます。

 

貴ノ岩・蒼国来も型を持って、星も上げています。横綱・大関戦が見たい力士です。そして、型を持ってないのに強い高安。

 

幕下の石橋・貴源治も楽しみです。これで、吊りや打棄りを見せるソップの力士が出てくれば・・・は少し欲張り過ぎでしょう。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

力士の重量化で、面白い相撲が見られない最近の土俵・・みたいな記事を書きましたが、近年本当に減った場面は「外掛け・内掛け」「吊り出しの時の、吊られた相手が足をバタつかせる」と思います。秋場所は確かに熱戦は多かったわけですが、まだ物足りません。写真のような場面が見られないからです。

 

写真はご存じの(?)46年以上前の、北の富士と玉乃島(当時)の横綱同時昇進時の本割と優勝決定戦です。

 

本割での玉乃島の吊り出しに、北の富士は懸命に足をバタつかせていますね。決定戦での北の富士の外掛けに、玉乃島の髷が跳ね上がっているのがリアルです。

 

この時期の大相撲の盛り上がりは本当に凄かったのですが、それは北の富士が圧倒的な強さで初優勝をしてから2年以上もの足踏みと、玉乃島が度々の準優勝ながらも綱取りに届かないという状況で、2大関に対するファンの思い入れが高まっていたことがあったと思います。

 

豪栄道と稀勢の里にも、当時と共通する部分が多少はあるかもしれませんね。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

豪栄道の記事、44回目です。

まぐまぐの「天下泰平記」も久々に配信しました。

 

全勝優勝でしたが、横綱戦はまだまだでした。

密着し、廻しを引ける相撲が取れれば『綱』当確です。

 

九州では、やってくれると思います。

 

高安・遠藤・御嶽海と、顔触れも揃ってきました。

 

一年納めに相応しい九州場所となりそうですね。

 

 

 

 

力士の体重増加の話題がしばしばの昨今、現在の幕内平均体重は164,3kgとのこと。40年前の昭和51年は129,2kg、35kg以上の増加ということになります。

 

さて、この昭和51年ですが、すでに時代の転換期でした。前回の記事で吊り出し名人に挙げた明武谷・若浪は昭和40年代に土俵を去っていました。

 

昭和51年には、ちょうど平均体重ぐらいだった名関脇の長谷川が引退しています。同じく業師の陸奥嵐・二子岳・金剛も引退、初代栃東は昭和52年初場所が最後です。彼らは身長180兪宛紊如体重は110kg台でした。動きやすい体型の、昭和40年代を代表する力士たちでした。

 

昭和51年は、春場所に旭国・鷲羽山・北瀬海による“小兵旋風”が吹き荒れた年でもあります。この3力士は確かに平均体重を軽くしていたでしょうが、身長も175儖焚爾任靴拭初代貴ノ花が大関にいて、2代目増位山も活躍、千代の富士は前年の昭和50年の新入幕でしたが、彼らも“軽量力士”という特別な存在でした。

 

小兵でも軽量でもなく、普通の一般的な力士の体型が変わっていった、それが昭和51年頃でした。

 

良いか悪いかの話はしませんが、とにかく相撲が面白く、派手な決まり手が多かった時代、それが昭和40年代から50年代初頭だったわけです。(私の記憶にない栃若時代も派手だったと思われますが)

 

そんな面白い相撲をなかなか見られない、最近大相撲を見るようになったファンは可哀相だと、体重の話で感じた次第です。

 

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • 力士の体重増加、面白い相撲が見られない最近の大相撲ファンは可哀相です
    タイヘイ
  • 力士の体重増加、面白い相撲が見られない最近の大相撲ファンは可哀相です
    1111
  • 力士の体重増加、面白い相撲が見られない最近の大相撲ファンは可哀相です
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM