一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:スポーツ

大相撲夏場所もいよいよです。角番の豪栄道が気になります。

 

このブログを始めて7月で10年になるのですが、豪栄道の入幕は10年前の秋場所ですね。当初は昭和40年代の力士と豪栄道と稀勢の里が、ほとんどの記事を締めていましたが・・・。

 

この前、YouTubeで豪栄道が全勝優勝したときのを見ましたが、良い相撲をとってましたねぇ。廻しを引いて、胸を合わせたら豪栄道がやっぱり一番だと思いました。また豪栄道らしい相撲を見たいものです。

 

今日は「大相撲になりました!」の「大相撲力士名鑑」の方で、旭大星の記事を書きました。このブログでも2回、旭大星の記事は書いておりましたね。9年前に、顔が細いという理由で「応援します」と琴恵光と旭大星にエールを送ったわけですが、もう入幕が見えてきました。

 

さらに阿炎も、気になる力士になってきました。ちょっと相撲が龍虎に似てますね。旭大星・琴恵光、そして貴源治に阿炎と忙しいです、夏場所も。角番大関と、新入幕を狙う力士と、新十両の力士と、さらに新十両を狙う力士、じっくり見ましょう。

 

ポチッと応援、お願いします。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

今度の日曜日は、いよいよ夏場所の初日です。

 

昨日の7日は稀勢の里が追手風部屋に出稽古、大栄翔と15番に申し合いで14勝1敗とのことでした。

 

左のかいなで大栄翔を起こしたりと、左は使っていましたが、時おり左肩を回して気にはしてました。

 

ある程度は復調しているようですが、もう少しでしょう。

 

夏場所は楽しみな力士が多いですね。9年前に、将来に期待する力士として旭秀鵬・琴恵光(当時、琴柏谷)・旭大星を上げました。今日は、「大相撲になりました!最強の力士」で初めて琴恵光の記事を書きました。9年前にそう思ったのは、琴恵光の顔が引き締まっていたからです。

 

取的時代からアンコ型の力士が多い昨今、琴恵光の顔は目立っていました。これからも応援しようと思います。旭大星の記事も近々書こうと思います。それと夏場所に期待は、前から期待してますが貴源治ですね。こちらも場所前には記事を書く予定です。

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

貴源治を一押しとしておりますが、楽しみな力士が幕下の筆頭にいます。阿炎です。

 

187cm・128kgで突っ張りが得意、5月4日で23歳。身体能力が高いようです。力士の体重増に関しては何度か書いておりまして、こういうスリムな力士ばかり応援しているように思われるかもしれませんが、確かにそういう部分はあります。

 

まだ私が書いている、大相撲力士名鑑には載せていませんが(貴公俊は幕下でも載せておりますが)、夏場所の活躍が楽しみです。

 

5月5日、この記事を書いている直後ですが、貴ノ花を扱った「土俵の神々」という番組がBS日テレで放送されます。スリムだから・・・というよりも、昭和の大相撲の熱戦を見ると、感じるものがあります。

 

 

「つき手」か「かばい手」か大物言いになった、昭和47年初場所の北の富士戦。

 

 

昭和55年秋場所の高見山との投げの打ち合い。髷の差で負けた、これも大物言いでした。

 

貴ノ花の熱戦の数々。やはり、そういう相撲を見たいのです。ちなみに阿炎は、今のところ龍虎を思い起こすような相撲をとってますね。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

大相撲夏場所の番付が発表されました。

 

先場所、幕下2枚目で1勝5敗1休だった豊ノ島が、幕下19枚目。たしかに幕下は上がり下がりが激しいものですが、それにしても下げ幅が大きいです。

 

大相撲になりました!最強の力士」の、豊ノ島のコラムでも書きましたが、豊ノ島の相撲をまだまだ上位で見たいと思っております。

 

 

足の親指が豊ノ島ほど、粘り強く土俵を噛んでいる力士も少ないと思います。

 

 

相撲協会のホームページで番付を確認する豊ノ島関。

 

紙相撲豊ノ島関の登場は、ほぼ9年振りです。

 

夏場所、応援しております。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

稀勢の里の夏場所出場は、大丈夫そうですね。白鵬・照ノ富士と揃って、万全に近い状態で競ってほしいものです。

 

レベルの高い優勝争いを期待しています。レベルが高いというのは、勝ち星の数じゃないです。若手も充実してきていますので、相撲内容のレベルの高さ、熱戦の多さを期待しております。

 

もう一つのブログ「大相撲になりました!最強の力士」も始めて2ヶ月が過ぎました。「大相撲力士名鑑」のコラムもかなりすすみました。「砂かぶりの夜」では個人的に好きだった北玉時代が中心で、それから稀勢の里と豪栄道の記事という感じでしたが、今回は昭和以降の全期間を網羅できるように書いております。

 

決まり手一覧」も結構充実した内容になっていると思います。決まり手を書いていると、やはりこのブログを始めた当時の、寄り倒しとそれに関連しての打っちゃりの少なさ、吊り出しそれに関連しての外掛けの少なさ、その他etc.、少なくなっている技が今も変わらず少ないわけです。それは常に意識して、見ていこうと思います。

 

さて楽しみな新十両の貴源治ですが、今のところ貴源治の記事は3本。これから色々と書いていけたらと考えております。連休明けたら、夏場所ですね。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM