一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

元関脇荒勢の荒瀬英生さんが、11日亡くなられました。
59歳という若さ、残念でなりません。

先日ブログで取り上げた富士桜・鷲羽山とともに、昭和50年前後の
大相撲を盛り上げた個性派力士の1人でした。

178センチ・151キロの固太りのタイコ腹。その体を利した迫力満点の
がぶり寄りが18番。

琴風や琴奨菊のがぶり寄りとは少し違い、力感溢れる上半身で廻しを引き
付け、相手を前後に揺さぶるような豪快ながぶりでした。

不適な面構えにもみあげが似合い、野武士のイメージを漂わせていました。

大関に近づいたときもありました。昭和52年秋場所、小結で2場所連続
勝ち越しで東関脇で迎えたこの場所、3大関を破り11勝4敗で技能賞を
獲得します。

そのがぶり寄りが評価されての技能賞でしたが、野武士的イメージそのまま
どこか勝負に淡白なところもあり、大関獲りの雰囲気はありませんでした。

それを荒勢らしさと感じさせるのは、やはり個性が前面に出ていたからだと
思います。

今から30年ほど前、在籍していた大学のバレーボール部は、3月と11月
に合宿を行なっていました。

11月、寝泊りしていた海岸沿いの合宿所の隣に、花籠部屋の宿舎があり
ました。朝の練習のため外に出た私は、その宿舎の2階の部屋に荒勢を見つ
けると、「あ、荒勢だ!」と叫びました。(学生でしたから)

荒勢はしばらく無表情で外を眺めていました。一瞬、目が合ったような、
むしろこっちを見ていたような感じでした。あのときの荒勢の顔は、今でも
はっきりと覚えています。

その海岸沿いの合宿所も今では埋め立てられて市街地となり、ソフトバンク
ホークスの本拠地ヤフードームを初め、巨大な建造物が立ち並びます。

30年の時の流れを改めて感じます。

荒瀬英生さんのご冥福をお祈りいたします。

元関脇 荒勢    生年月日  昭和24年 6月 20日
            没年月日  平成20年 8月 11日

  • -
  • 01:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
謹んでご冥福をお祈りいたします。

母校の先輩なんですよ、何ともいえないその個性が実に高知らしい方でした、地元のちゃんこ屋さんのコマーシャルです 忘年会は毎日するもんぜよー 豪快なその姿が思い出されます。時は流れますね 合掌です。
  • はんつま
  • 2008/08/12 15:55





   
この記事のトラックバックURL : http://sumomania.jugem.jp/trackback/764274

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM