リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

大相撲名古屋場所〜白鵬の相撲振り、見事の一語

0
    大相撲名古屋場所は白鵬の全勝優勝、圧倒的な強さを見せつけました。
    解説の北の富士さんは "双葉山を目指して" というようなことを語って
    いました。

    今場所の白鵬には、その可能性を感じさせる部分もあり、また相撲の型
    としては正反対と言える部分もあり、その辺を合わせ持っているところは
    "新時代の双葉山" の雰囲気です。

    詳しくは明後日のメールマガジンで。

    白鵬の独走に終わりましたが、盛り上がる寸前で期待が萎んでしまった、
    惜しい場所でした。

    一応準優勝の琴光喜、魁皇戦は持ち味を出しました。同じ左四つの栃乃洋
    に、今日と同じような形になって星を落としました。普天王にはベテラン大関
    らしからぬ攻め急ぎ。

    もったいない負け方が多かったということは、克服すれば、やはり優勝を
    狙える力士のはずです。

    10勝を挙げましたが、安馬は若ノ鵬戦が悔やまれます。そのうえ翌日から
    琴光喜・白鵬と続いただけに、今場所のベストで当たってほしかったとの思い
    が残りました。

    もちろん誰でも大なり小なり故障は抱えているもので、ここを乗り越えて
    大関に挑戦してもらいたいところです。

    最も注目した稀勢の里、今日の豪栄道戦で今場所初めてぐらいに、左の
    差し手から攻めました。場所前から上手の取り方がどうのこうのと、この
    ブログやメルマガで書きましたが、それ以上に差し手からの攻めの弱さも
    ありました。

    ただ今日の左からの攻めも、豪栄道が差し手側に少し変わったからとも
    いえそうですが。また出直しですね。

    豪栄道も、ある意味で出直しかもしれません。立合いの弱さについてが
    課題ですが、とにかく当たった後、足の位置がずれるほど相手の圧力を
    受けています。こっちがピシッと足が定まり、相手がずれるようになって
    初めて、上を目指す力士となるでしょう。

    琴欧洲は改めて言うまでもなく、苦手を克服出来なかったのですから、
    今場所は致し方なしというところでしょう。

    今は白鵬の見事な相撲振りと、若手力士の期待外れ振りで、少し脱力状態
    ですね。

    今回もちょっとブレイク、白鵬優勝4コマはこちら

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック