一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大相撲夏場所で目立ったことの一つに、ベテランの頑張りがありました。
栃乃洋・出島・若の里・玉春日・玉乃島が揃って勝ち越し、土佐ノ海も健闘、
十両では北桜の自分の型に徹した相撲が光りました。

魁皇も名古屋で36歳になります。ケガの治療やリハビリなど医学の進歩
もあるでしょうが、ベテランが元気です。

昭和40年の九州場所で、14日目まで大鵬と優勝を争ったときの鶴ヶ嶺
は36歳でした。

そのうえ、歳よりも老けて見える風貌とそれに似つかわしいイブシ銀の
両差しの取口。私は当時5歳でしたので、よけいにオジイちゃんっぽく
感じられました。

177センチ・110キロの体で、巻きかえの巧さはもちろんですが、
二本差してからヒジを張り、大きい力士を揺さぶりながら寄り切る相撲
は、無差別級の大相撲の凄さを最初に見せ付けてくれた力士でした。

36歳で優勝を争ったのも凄いですが、37歳のときには敢闘賞と技能賞
のダブル受賞の活躍。技能賞は2度もらっています。

38歳のとき、幕内が15枚目から12枚目までに一気に削減。鶴ヶ嶺は
その場所12枚目、突然の幕尻となります。

当時の幕内在位の最高記録を更新中だった鶴ヶ嶺が、いきなりの十両
陥落の瀬戸際に立たされ、11日目まで4勝7敗の大ピンチ。しかしそこ
から4連勝、意地の勝ち越しでした。

しかし翌場所は2勝13敗と大負け、この場所を限りで幕内力士として
引退します。

大相撲には大型力士がいて、アンコ型がいて、ソップ型がいて、業師が
いる、様々な個性が存在する世界だと、最初に教えてくれた力士でした。

関脇 鶴ヶ嶺昭男    生年月日 昭和 4年 4月26日
               没年月日 平成18年 5月29日

  • -
  • 01:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://sumomania.jugem.jp/trackback/707058

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM