リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

白鵬の謎の立合いを推論してみました

0
    先場所の朝青龍戦で、なぜ白鵬は右足から小さく踏み込んだのか?について
    先日のメールマガジン「天下泰平記」で書きましたが、その後自分なりに推論
    してみました。

    白鵬は最近、大横綱双葉山のDVDをよく鑑賞しているとのこと。
    その双葉山の立合いが、右足から小さく踏み込むものです。

    現在の大相撲では、左四つの力士は右足を、右四つの力士は左足を踏み込む
    のが一般的になっています。上手を取る取らないが、相撲の展開を有利にする
    大きな要因になっているからです。

    今、差し手の方から踏み込む立合いは琴奨菊がよく見せていますが、琴奨菊
    は上手を引けなくとも寄っていく、最近の四つ相撲では珍しい力士です。

    双葉山の相撲は左上手投げを十八番としたものでしたが、右足で踏み込んで
    右を差してかいなを返せば上手は自ずと引ける、という型を持っていました。

    また右目が不自由だった双葉山は、自分から攻め込むと相手に動き回られた
    ときに対応が不安だったため、常に受ける相撲を磨きました。右のおっつけの
    強さ、相手の突っ張りを下からあてがう巧さは抜群でした。

    横綱はどんな相手でも受け止めて相撲を取る、という理想を白鵬も持っていて
    朝青龍戦の立合いになったのでは、とも考えられます。

    ただ、朝青龍戦での白鵬の右は、双葉山のような右のおっつけではなく、
    朝青龍の左を抱え込んでいました。

    取組前の支度部屋のレポート "白鵬は左のかいなを返す動きを繰り返して
    います" から判断すれば、単に初めから左四つを意識しての右足からの踏み
    込みだったのかもしれませんが・・・。捕まえれば何とかなると。

    さて夏場所は白鵬がどんな立合いを見せるか、不可解な部分がある方が
    興味も増すというものです。

    =================================

    2日続けて大関昇進基準について書きましたが、やはり今もっとも期待
    されるのは新大関の誕生というのが気持ちの中にあって、しつこく書く
    ことになったとの気がします。

    夏場所まで一週間となりました。明日からは、期待の若手力士を中心に
    また書いていきます。

    コメント
    コメントする