一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:スポーツ

私の大相撲の記憶は5歳から、昭和40年の秋場所あたりからです。当時の立合いは言うまでもなく、中腰の立合いでした。もう復活することは無いでしょう。

 

それでも今の、立ち上がる時だけ合えば良い、という立合いには常に疑問を持っていました。アマチュア相撲の延長線にあるように感じています。

 

数秒間も両手をついていたら、重心が土俵に逃げてしまうと思えました。もっと股関節に重心を残さないと、本当の立合いは出来ないのではないかと。

 

かつての双葉山の立合いは両手をついたものでしたが、ほぼついた瞬間に立っていました。もちろん当時は、気が合うまで時間の制限なく仕切っていた時代だから可能だったのは理解できます。

 

ただ意外なのは、双葉山に相対する力士は手をつかなくても立って、それで成立していました。両手をきちんとつく立合いなど、過去に存在しなかったのではないかと思いました。

 

しかし先日、相撲解説で貴乃花親方の「一歩目ではなく二歩目が大事です。二歩目が三歩目・四歩目につながります」という言葉を聞いて、考え方を改めました。

 

立合いにこだわるのは、今の立合いの一発目を重視している相撲と同じことで、昭和の相撲にこだわることではなく、新しい価値観を持つべきだと認識を新たにしました。

 

そこに現れたのが、宇良です。宇良は初めから、立合いの一発目の当たりに付き合う気はありません。それは残り腰がある自信の表れではありますが、新しい大相撲を見せてくれたような想いです。

 

立合いの一発目を重視した立合いが、淡白な相撲の大きな要因と考えていました。そして淡白な相撲が増えたことが、10年前にこのブログを始めたきっかけでもあります。

 

宇良は、「今のままの一発目重視の立合いでは通じないよ」と言っているような気がします。両手を土俵についても股関節に重心が残ってるよと、これは私に響いてきます。

 

砂かぶりの夜を始めて10年、大相撲はまた新しい時代に入ったのかもしれません。ということで、場所中ですが「大相撲になりました!最強の力士」では新しいページ、「横綱物語」を作成しました。

 

北の富士・玉の海・千代の富士・貴乃花・朝青龍を、通常のブログ以上のボリュウムと画像を添えての記事となっております。それなりに?、頑張りました。

 

北の富士と玉の海は砂かぶりの夜では定番ですが、千代の富士と貴乃花にはあまり触れていませんでした。朝青龍については初期は色々な問題があって頻繁に登場しましたが、最近はほとんど書いていませんでした。

 

書きながらも、新しい発見があるなぁと思いながら完成しました。時代を創った横綱の、その時代の匂いを伝えたいと思っております。

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

 

 

 

  • -
  • 23:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM