リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

万歳コールと軍配が返っても止まない松鳳山コールは大相撲を変質させる危険性を感じます

0
    今さらながら、白鵬ー稀勢の里戦の「万歳コール」についてですが、この一番、携帯電話のテレビをマナーモードにして観戦していましたので、「万歳コール」そのものは聞いておりませんでしたが。

    まぁ、そもそも大相撲の会場で「万歳」が起こるのも「コール」が起こるのも違和感は大きいのですが・・・。大相撲の大相撲らしさというか、本質に近いものが「万歳コール」というものを拒絶していると思います。

    まったく同じ意味合いとして「松鳳山コール」もありました。私自身も福岡の人間ですから、もちろん松鳳山は応援しています。しかし・・・。

    仕切りの間でのコールは良しとして、時間一杯になって軍配が返ってもコールは止みませんでした。この違和感も凄かった・・・。

    かつて「魁皇コール」がありました。九州場所に限らず、それは起こっていました。しかし時間一杯になって軍配が返れば、さーっと潮を引いたように静かになり「さすがは大相撲ファン」と感じたものです。

    今回九州場所だから、こういう事態が起こったのでしょうか。もしそうなら、福岡の人間として、やはり両国の大相撲ファンよりも九州の大相撲ファンは成熟していないと言わざるを得ません。

    私も日本人力士の優勝や横綱昇進は望んでいます。でも「万歳コール」は違うと思います。

    「万歳コール」と軍配が返っても止まない「力士へのコール」、これは大相撲を変質させてしまう危険性を孕んでおります。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。







     

    コメント
    コメントする