リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

稀勢の里は「二つ」目を身につけて、綱取りが現実味を帯びてきたと感じた九州場所でした

0
    「一つで大関、二つで横綱」と先場所、稀勢の里に関して書きましたが、九州場所での相撲は「二つ」目の相撲の型が見えてきたかもしれません。

    押し相撲が目立っていた最近の稀勢の里、左四つの相撲に心境が見られるかが横綱昇進のカギを握っているところであり、14日目の白鵬戦にその可能性を感じました。

    稀勢の里は元々腰高の力士で、その克服は腰を低くすることではなく、左から相手を起こして、相手を自分と同じ腰の高さにすることだと考えておりました。

    白鵬戦は、まさにその相撲内容でした。白鵬より立合いは高かったものの、怪腕の左かいなで白鵬を起こしました。従来は白鵬と四つに組むと、必ず稀勢の里の方が腰高となり、実際に稀勢の里が勝利した相撲は、離れた相撲で乱戦の中での白星でした。

    今回初めて、本格的な四つ相撲での勝利だったと思います。そして、もう一つの腰高克服のカギである速攻も出ました。まさに「二つ」目を手にした瞬間でした。それは、綱取り挑戦への必要十分条件を手にしたということです。

    二場所連続準優勝と、押し相撲と左四つの二つの型を身につけて、年が明ければ綱取り場所を迎える稀勢の里。前回よりも横綱昇進の現実味を、感じさせる初場所となりそうです。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。





     

    コメント
    コメントする