リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

綱取り場所?の稀勢の里:しかし相撲は、まだ綱じゃない

0
    長らく、お休みしておりました。お久しぶりでございます。

    さて、名古屋場所は稀勢の里の綱取り場所でよろしいのでしょうか?私は以前から書いているように、数字や成績だけで横綱大関の昇進を決めるのは大反対ですので、綱取り場所と認識しております。

    例えば時代の端境期、1横綱2大関で33勝上げるのと、円熟力士が揃った3横綱4大関の時代に33勝を上げるのは、単純に後者の方が困難です。しかし実際は前者の方が昇進条件は甘くなるでしょう。本当なら後者の33勝の方が価値があるわけです。つまり、何事も不公平なケースはあるわけです。

    今場所は綱取り場所で良いじゃないですか。2場所連続優勝は、改めて言うまでもなく双羽黒の件からですが、もう、そろそろ良いんじゃないでしょうか。

    この横綱昇進条件や大関昇進条件と立合いの手付きについては、ほぼ同時期に出来たものです。全部、私が反対しているものばかりで、それは栃若が理事長時代に出来たものです。

    このブログでも度々賞賛してきた名力士の栃若ですが、名力士でも間違うこともあるでしょう。誰にだって間違いはあります。昇進条件や立合いの阿吽の呼吸について、もう変わっても良い時期だと思います。

    で、稀勢の里ですが、確かに夏場所は立合いが良くなっていました。しかし、それは以前と比べてということ。まだ駄目です。以前の、肩甲骨あたりにあった重心が、やっと腰のあたりにまで来たかなという感じです。股関節まで来ないと駄目です。そこまで来て、綱取り成就と願いたいものです。

     

    コメント
    コメントする