リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

大相撲春場所2日目、これぞ白鵬の立合いです。そして勢はこの立合いに、どう対応するのでしょう?

0
    大相撲春場所2日目、豪栄道・妙義龍・鶴竜・そして日馬富士と見ごたえある相撲が続き、誰の記事にしようかと思っていましたが、結びの相撲で白鵬の記事にしました。これぞ白鵬という相撲でしたね。

    前々回のブログで天下泰平記での白鵬の記事とリンクし、一年前の春場所、結果は優勝でしたが白鵬の立合いが変だという内容を、ちょうど一年前に書きました。

    仕切り線から下がり、肩のラインよりかなり前方に手をつき踏み込む。そして廻しにこだわらず、速攻で勝負を決める。 この相撲を見せ始めたころ、その速攻による圧勝に賞賛の声(主にアナウンサー)が多かったのですが、違和感がありました。一年前の春場所から白鵬は迷走している、本来の相撲じゃないと感じておりました。

    2日目の白鵬の立合い、久々に白鵬本来の立合いでした。これまでも琴奨菊や豊ノ島・安美錦相手に、立合いを変える場面もある白鵬ですが、それは立った後のこと。今日の立合い(立つ前の)が続けば、白鵬完全復活といっていいでしょう、3月11日に。

    さて、その一年前の春場所に新入幕だった勢。もう何と言い訳しようが(する必要もないですが)白鵬の所作の真似をしております。わざわざ、肩のラインより前の方に手をついて。白鵬の今日の立合いに勢はどう対応するのか、そっちの方も興味深いですね。

    日馬富士・鶴竜・豪栄道・妙義龍については、また後日。そう言えば、3日目は鶴竜ー妙義龍ですね。

    JUGEMテーマ:スポーツ

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2013/03/19 4:23 PM
    コメントする