リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

マツコ&有吉で感じたことと突貫小僧の定年

0
    大相撲初場所も序盤戦が終わりましたが、今さらで恐縮ながら、お正月番組で大相撲が取り上げられました。

    マツコ&有吉の怒り新党で栃赤城の3大名勝負。番組の中では若干マイナーな力士という感じで受け取られていましたが、このブログ「大相撲あの力士この技」のカテゴリーで唯一登場する昭和50年代の力士であります。

    マツコ、有吉ともにその逆転技に「面白い」を連発していましたが、若浪や藤ノ川の相撲などなら、もっと強烈なリアクションだろうな、と思いながら見ておりました。昭和40年代は、あまり保存されていないみたいですし・・・。

    私は栃若時代には間に合いませんでしたが、DVD等で見たりすると、やっぱり昭和30年代も面白いですね。その根底には、まだまだ高度経済成長前夜、大相撲もどうなるか分からない、とにかくお客さんを喜ばす熱戦を見せようという想いを感じます。

    ところで、中村親方が今場所で定年を迎えますね。「突貫小僧」富士櫻は、突っ張りの回転と攻守切替の動きが、抜群に速い力士でした。鷲羽山や麒麟児との相撲が、目に焼き付いています。昭和46年秋場所が新入幕ですね。横綱玉の海、最後の場所であります。

    北玉時代を知る、最後の力士の定年です。

    では初場所、熱戦に期待しましょう。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。




     

    コメント
    コメントする