一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

昭和の大相撲をテーマにして始めた当ブログ、当初は「大相撲あの力士この技」がメインのカテゴリーでしたが、実に3年半振りの更新です。原点回帰ということで・・・。

今回はスピード相撲の元小結羽黒岩、というよりも「戸田」の方が印象は強いですね。

昭和42年初場所、本名の戸田で入幕した羽黒岩は当時20歳。活きの良い押し相撲で、一場所前に同じく20歳で入幕した「牛若丸」藤ノ川とともに注目されます。

しかし「羽黒岩」よりも「戸田」の印象が強い、その決定的な理由は別にあります。それは、“あの”大鵬戦の時の四股名が戸田だったからです。昭和44年春場所2日目のことでした。

当時、昭和以降では双葉山の69連勝に次ぐ45連勝を記録していた大鵬の連勝をストップした、というより“世紀の大誤審”の方が通りが良いかもしれません。今では当たり前の、勝負判定にビデオを使用するきっかけになった一番です。

余談ですが、当時はスローモーションビデオというのも、まだ開発段階だったのでしょう、「只今の一番」の再生には「分解写真」が使われていました。見づらかったですね、「分解写真」。

さてその後DVDなどで、この大鵬ー戸田戦を見る機会はありますが、実際のところ「何で見間違えるんだ」と思うほど、早い段階で戸田の足は土俵を割っています。

などとは、今だから言えること。当時リアルタイムで見ていた者にとっては全く違うのです。戸田のぶちかましからの押しに、大鵬は一瞬大きくよろめきます。「大鵬が負けた」と本当に思いました。それは、戸田の押しの速さだからこそでしょう。

大鵬が負けたと思い、軍配が大鵬に上がってほっとして、そして物言いの結果に愕然とし・・・。常勝大鵬、「大鵬負けろ」という言葉が流行った(?)のもこの頃でしたが、連勝に期待していた、この時だけは「大鵬負けるな」でした。

そして世紀の大誤審を生んだ、戸田の速攻もまた忘れられません。


にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
 

  • -
  • 03:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
19510707 30 分前

この一番は私もテレビで見ていました(17歳の時)。大鵬が勝っ­た(残っていた)とはっきり分かりました。勝負審判の大誤審に憤­りを感じ、連勝を止められた大鵬が気の毒でなりませんでした。
  • 19510707
  • 2013/07/18 19:10
コメント、ありがとうございます。
実は翌場所からビデオ判定が導入されることになっていたというのは、誠に皮肉です。この一番がきっかけというわけではないというのが、実際のところだったようですね。
  • タイヘイ
  • 2013/07/18 23:14





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM