リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

稀勢の里の立合いに目を凝らして、大相撲夏場所も最終盤

0
    改めて言うまでもありませんが、稀勢の里の立合いは二通りあり、一つは腰を割って相手の呼吸に合わせ、瞬時に手をつく立合いです。もう一つは片手を仕切り線につき、相手を待ち受ける立合いです。

    稀勢の里が目指すべきは、当然前者の立合いです。
    数場所前から、この立合いをよく見せるようになったものの、まだ後者の立合いは度々見られています。それは横綱・大関戦です。

    つまりは、気負ったときに出てしまうのが後者の立合いと思われます。そして今場所、初日から前者の立合いで白星を重ねての琴獎菊戦。今までは後者の立合いを見せていた相手に、前者の立合いでの勝利でした。

    これは、今場所の稀勢の里は違うぞ・・・と。
    優勝の可能性が高いぞ・・・と感じた矢先。

    鶴竜戦では、ついに出た、後者の立合い。先手を取られ、圧倒されました。ここ数年、足の甲が土俵につくのに寛容な傾向(個人的意見ですが)もあっての、取直しの判定でしたが。

    鶴竜相手は仕方ないにしても、栃煌山相手にも後者の立合いをやってしまいました。横綱・大関戦以外でも出たということは、これは優勝への気負いということでしょう。

    白鵬にも、当然後者で連敗。大相撲夏場所の優勝争いも混沌としてきました。

    日馬富士・把瑠都戦、ともに後者の立合いとなるのでしょうね。厳しい結果も予測されます。

    今場所は違うぞ・・・と思ったのですが・・・。
    もちろん、左四つ右上手の型は確かに良くなっており、連勝し優勝という目も残っておりますが。

    立合いを本格的にものにし、綱取りも夢ではないという相撲内容を見せていただけに、あと二番、期待しております。

    しかし・・・前者とか後者とかで、読みづらい文章ですみません。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。

    コメント
    コメントする