リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

稀勢の里は、そろそろ “右”を発動する時期です

0
    稀勢の里にとって、把瑠都は大きな壁になっているとは、場所の度に書いていて、そこには「今場所こそ乗り越えるのでは」という期待も含めて書いていたような気がします。「その壁を乗り越えれば大関」という感じで。

    結局、把瑠都を乗り越えないまま、稀勢の里は大関になったわけですが、初場所では考えた立合いでした。

    なぜ把瑠都が苦手かというと、稀勢の里の最大の武器である左からの攻めが、外側から右上手を強引に引き付ける把瑠都に対して、効いてないのが最大要因でしょう。

    というわけで、密着したくない稀勢の里が仕切り線から下がった、初場所の立合いは悪くは無かったと思います。

    しかし全体的に言えますが、最近は仕切り線ギリギリで手を付く力士が多いですね。これは力士の重量化も影響しています。

    立合いの距離があると、前傾姿勢を保つ状態が長くなります。体重のある力士ほど、これが難しくなります。それでも低くいきたいとなると、頭が下がるわけです。

    低い前傾姿勢を保って、尚且つ頭を下げずに相手を見る姿勢は、強靭な下半身が無いと出来ないことです。

    よく「丸くなって攻める」のが理想と言われますが、体は丸くなっても “首”が丸くなったらいけません。なぜなら、“前”に向くべき重心が“下”に向いてしまうからです。それで、引き技に落ちてしまうことになります。把瑠都戦の稀勢の里には、若干その傾向がありました。

    初場所の振り返りはこれぐらいにして、稀勢の里が綱獲りのライバルとして、把瑠都に対するには・・・。

    このブログでは、「稀勢の里の左攻め」に関して書き続けてきましたが、それも今では、充分に威力を発揮してきました。そろそろ “右” を発動する時期がやってきたようでございます。

    改めて言うまでも無く、基本的に稀勢の里の右上手は深いです。重心が低い力士ではないので、多少深いのは仕方ないかもしれません。

    しかし、長身の把瑠都相手にも深いのは如何なものか。

    把瑠都攻略には右の前廻ししか無いと、今のところは思っております。稀勢の里ー把瑠都が “ライバル対決”となれば、大相撲は盛り上がりますねぇ。


    にほんブログ村 相撲・大相撲
    ⇔ランキング参加しています。


    コメント
    コメントする