リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

把瑠都と日馬富士の変化をまたしても肯定します

0
     大相撲初場所は12日目、注目の取組二番は立合いの変化で決まりました。

    立合いの変化をうんぬん言うと、低くて目一杯突っ込むだけの、安易な立合いが増えてしまう、と度々書いていますので、一言。

    まずは把瑠都ー稀勢の里。稀勢の里が立合いに先制攻撃を掛けられるかがポイントでした。

    今まで、突き放そうにも把瑠都に組み止められる状況の稀勢の里がとった作戦は、仕切り線から下がるというもの。

    なるほどと思いましたが、さて稀勢の里はその距離での稽古をどれだけ積んでいるのか・・・。特に稀勢の里は腰高な方だけに、踏み込んだ時のバランスは大丈夫か。

    と思っているところでの、把瑠都の変化。把瑠都もイヤだったのでしょうが、稀勢の里も慣れない事やったなと、そんなところですね。むしろ自然の流れの、変化だったかな・・・とも言えます。

    そして白鵬ー日馬富士。横綱に対してこそ、変化をしろとは、以前も書いたと思います。

    あの大鵬が土をつけられたのは、前田川や房錦に海乃山といった小兵力士です。彼等の思い切った取口に苦杯を舐めました。仕掛けたのが日馬富士なので納得です。

    朝青龍全盛あたりから、横綱への注文相撲は失礼?なのか分かりませんが、減りましたね。

    双葉山や大鵬のような、受け止めての相撲のタイプだったはずの白鵬が、仕切り線から下がっての速攻相撲に変わり、これは誰かが注文相撲を仕掛けるのが良いのじゃないか、って感じてました。

    それが、安易な土俵にならないため・・・でしょう。ということで、どちらの変化も肯定するというのが結論です。

    大相撲の醍醐味が無いではないか!とご立腹もあるでしょうが・・・こんな相撲が、何年かすると記憶に残る相撲になったりするんですよ。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
     

    コメント
    タイヘイ様
    はじめまして、Google検索から飛んできました。
    懐かしい力士たちへの愛情あふれるコメントがすてきなブログですね。これからも拝見させて頂きます。

    一時期(若貴ブーム以降)相撲から離れていたのですが白鵬の名がニュースで取り上げられ始めた頃から再び見始めました。もちろん、玉の海全盛時もリアルタイムで知っており、急逝の報に泣いた年代です。

    初場所の白鵬は怪我でもしていたのか「楽して勝つ」相撲が多かったように見受けます。速攻相撲は例え勝っても彼の持ち味である安定感と品格に傷を付けてしまいました。速攻相撲に品格は感じられないというのは個人的な思い入れです。
    おそらく、怪我を隠すためのことと想像しており、春場所では安定した元の白鵬に戻ってくれると信じたいです。
    • まこと
    • 2012/02/11 11:24 AM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2012/05/08 2:09 PM
    コメントする