リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

大相撲秋場所番付発表で、いよいよですね

0
    大相撲秋場所も番付が発表され、いよいよという感じですね。
    日馬富士の綱獲りと、琴奨菊と鶴竜の大関獲りが、もちろん
    焦点となります。

    このブログでも、何度か横綱・大関の昇進基準について書いて
    おりますが、今の昇進基準が厳しいという風な内容に受取られる
    ような文面になっているのではと思い、少し補足します。

    とにかく「連続優勝」や「3場所33勝以上」を、マスコミ媒体で
    見聞きすると、「大相撲の昇進は、そんな結果だけの杓子定規な
    ものじゃないんだよ」と言いたくなるだけなのです。

    大関昇進基準に関して、3場所33勝は厳しいというのではなく、
    6場所ぐらいの実績と、それぐらいの安定感及び、その安定感を
    持続できる相撲内容と稽古量、その稽古を持続する人間性・・・。

    だから逆に3場所ずば抜けた成績でも、ダメな力士はダメ、
    ということもあるかもしれません。

    さて横綱に関しては、平成2年の旭富士横綱昇進以来、連続優勝
    での横綱昇進が続いていますので、秋場所も「優勝すれば横綱と
    なる日馬富士」みたいな感じですね。

    大関昇進以上に「品格」が求められる横綱昇進は、さらに結果だけ
    ではないものも求められるはずです。

    まぁしかし結果として連続優勝ですが、旭富士の横綱昇進の4年後、
    貴乃花が14勝で優勝・11勝4敗・15戦全勝で横綱昇進を見送られ
    た時は、かなり衝撃的でした。

    あの自分及び身内に厳しい初代貴ノ花の二子山親方でさえ、昇進と
    思っていたほどです。それでも11勝4敗の場所は、優勝した武蔵丸
    の15戦全勝に4差も付けられ、ライバル曙は全休していました。

    それでも協会は、横審に諮問しました。見送ったのは横審です。

    記憶に新しいところでは、平成16年の魁皇。13勝2敗で優勝した
    翌場所、12勝3敗で準優勝でしたが、審判部は翌場所につながると
    明言しました。

    あくまでも横綱昇進基準は「2場所連続で優勝もしくは優勝に準じた
    成績」です。久々に連続優勝じゃない横綱昇進というのも見てみたい、
    そんな秋場所が始まります。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
    ポチッとお願いします。
     

    コメント
    コメントする