リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

稀勢の里、把瑠都戦・琴奨菊戦が勝負

0
    大相撲秋場所は、大関獲りの琴奨菊と鶴竜の活躍が注目され
    ますが、稀勢の里も先輩大関候補としての、意地を見せて欲しい
    ところです。

    稀勢の里の記事も、これで30本目。最初に書いたのは、ちょうど
    4年前の今日、2007年8月23日です。記事の題は「稀勢の里と
    ソフトバンクの大村選手」。

    大村選手の攻守における重心の低い動きを、稀勢の里に学んで
    もらいたい、という内容でした。

    この腰高については、北の富士と武蔵丸の二人の横綱を例に
    上げて何度か書きました。

    武蔵丸の相撲をイメージして、稀勢の里も強い左から、かいなを
    返して起こし、相手の腰を高くして、相対的に腰高を克服すると
    いう、スケールの大きな相撲への期待。

    北の富士の相撲をイメージすると、先制攻撃の突っ張りで相手を
    起こし、有利な組み手から速攻相撲を期待したい、というもの。

    どちらかと言えば、突っ張りの方が最近見られます。馬力がある
    だけに、有効だし、もっと磨いて欲しいですね。

    はっきり言って、まだ北の富士のイメージとは程遠い、回転の
    遅い突っ張りで、足の運びもバタバタです。とにかく積み重ねて
    自分のものにするのみです。

    稀勢の里が、重心の低い琴奨菊に、ふところの深い把瑠都に
    初めから左下手を引きにいって、勝てないのはハッキリして
    しています、残念ながら・・・。大関候補としては、はるかに
    先輩だったのですが。

    稀勢の里の腰高が如実に現われる、把瑠都戦・琴奨菊戦が
    試金石になります。大相撲秋場所、この二番には絶対注目です。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
    ポチッとお願いします。

    コメント
    コメントする