一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

日馬富士の優勝が決まり、そして琴奨菊の大関昇進が絶望的
という大相撲名古屋場所十四日目、本場所の流れからは外れて
いるかもしれませんが、今さらながらの白鵬ー琴奨菊戦について。

何故かと言うと、この一番に関して “琴奨菊の大関昇進に絡んで
白鵬が手を抜いた” ように受取られた方がいると感じたからです。
「それはイカンぞ!!」 ということで、この一番を、分かり易く
解説致します。

まずこの相撲、右四つの白鵬が琴奨菊に差し負けて左四つに
なったというのは間違いです。白鵬は初めから左四つ狙いでした。
根拠は、右足から踏み込んでいること、そして右からの張差しの
立合いをしているところです。

まず張差しですが、基本的には右差しを狙うのに右から張って
いくことはありません。これは、大相撲ファンの方には説明不要
だと思います。

さて白鵬の右足からの踏み込みですが、これは右四つ狙い
のときにも見せます。そのときは、大概右からカチ上げ気味の
立合いです。

右足からの立合いについては、確か白鵬の横綱昇進の頃から
でしょうか、以前の左足を大きく踏み込んでの上手狙いの立合い
から現在への過度期に見せ始めるようになります。

見せる相手は豊ノ島・琴奨菊・日馬富士、後は安美錦戦でも
見たような気がします。理由は分かりませんが、多分立合いで
早く捕まえたい相手に対してのものではないかと推察します。

考えられるのは、琴奨菊は投げに弱い面があります。白鵬は
とにかく捕まえて、廻しを早く引きたかったと思われます。

ちなみに琴奨菊を対戦成績で圧倒していた朝青龍も、しばしば
上手投げで勝っています。しかし、圧倒していながら朝青龍は
琴奨菊を警戒していました。

決して真正面から胸を合わせないように、少しずらして組みに
いってました。そして、右上手を引いたら琴奨菊の左腰側に重心
を持っていき、投げで決めるパターン。それを可能に出来る動きの
速さがあってこその対戦成績での圧倒でしたが、決して楽勝して
いたわけではありません。

そして今回、琴奨菊は白鵬に対して、真正面から胸を合わせる
展開となりました。白鵬には巻き変えて両差しという手はあったか
というと、琴奨菊のがぶり寄りを考えれば危険過ぎます。

やはり上手を探るのがベターとなったわけですが、琴奨菊の重心
の低さと胸を合わせた圧力もあって、なかなか届きません。左から
振ったり、起こしたりも厳しい場面となります。

そしてもう一つ、琴奨菊の大きな武器である、あの広い肩幅です。
最終局面で白鵬は、あの広い肩幅の肩越しに、白鵬には珍しい
かなり深い位置の上手を引きます。しかし琴奨菊の圧力に対応
出来るものではありませんでした。

以上が大相撲名古屋場所、白鵬ー琴奨菊戦の私の解説で
ございました。ちょっと長くなりましたが・・・。

まぁ残念ながら、この二日間は、投げに弱い琴奨菊の悪い面が
出てしまいましたね。

琴奨菊の大関問題に関しては、琴奨菊の特集記事のカテゴリー
で改めて・・・。ということで、今日は名古屋場所も千秋楽。

にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。

  • -
  • 08:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
はじめまして、同じブログ村に参加中のうぃぬっと申します。見る目もないのに好きで相撲ブログを書いています。よろしくおねがいします。白鵬が手を抜いたと受け取った一人です。

なるほど、確かに白鵬ははじめから左四つねらいだったのかも知れませんが、あらためて録画を見てみるとそれでもやっぱり妙だな、と思われるところはあります。

組み合った後、寄られてからの白鵬の右がやっぱり変なんですよね。

確かに正面から組み合ったときは、琴奨菊の肩幅もあって取りにくいのは読ませていただいてよく分かりました。しかし琴奨菊が寄っていった場面。2度寄りたてたあと、3度目でようやく決めるのですが、白鵬に残されるたび、琴奨菊の左は一瞬ゆるくなります。

そこなら白鵬は左から揺さぶって右を巻きかえるなり、浅い前まわしを引く機会は十分あったと思うのです。でも白鵬は漫然と右の深いところを取り直すばかり。いつもの動きには見えませんでした。

まあ再びガブられるのを警戒していたとも考えられはするのですが…
う〜ん、どうなんでしょう。

エントリーを読ませていただくと自分とはどうにも格の違う方なので、こういう事を書くのはいささか勇気も要りましたが、勉強になるかと書かせていただきました。ご教示いただけると幸いです。よろしくおねがいします。

タイヘイ様、大相撲の一ファンとして全ての面で敬服、尊敬しております。今後ともご指導の程お願い申し上げます。
一つ質問させて下さい。
白鵬ですが左肘にサポーターをしていますが少し痛めているとは聴いていましたが本当はかなり悪いのではないでしょうか?昨日の日馬富士戦と千秋楽の把瑠都戦をテレビ観戦しましたが左手の使い方が白鵬らしくなかったですね。
  • 慈風菴
  • 2011/07/24 18:59
タイヘイです。コメント有難うございます。
慈風菴さんのご質問ですが、確かに白鵬の左手の動きは白鵬らしくなかったですね。そう考えると、十二日目の隠岐の海戦と十三日目の琴欧洲戦は取口こそ違いますが、左上手にこだわらない点では同様でしたし、今にして思うと気になります。強引な取口に、体調不備が感じられます。

次に、うぃぬっさんのご質問ですね。
まず巻きかえですが、これはやはり厳しかったと思いました。巻きかえる時は、当然相手としては一気に寄るチャンスです。ある程度、腰に余裕が無いと危険ですが、白鵬は琴奨菊に寄られた時に、かなり
腰が伸びています。この場面での巻きかえはギャンブル性が高く、対戦成績で圧倒している相手には
仕掛けにくかったとの印象です。もう一つ、上手を引くチャンスについて、これも厳しかったと思います。
四つに組んだ場面で、白鵬は右足を前に出し、何とか右上手が近くなるように構えています。そして琴奨菊が寄った瞬間は、確かに琴奨菊の廻しは近くなりました。しかし琴奨菊の寄りに耐えるためには、白鵬は差し手側の左足を前に出して、琴奨菊の圧力に対して自分の腰を正対させて対応しなければなりませんでした。当然、右足を下げた体勢にしなければならず、その分だけ右上手は遠くなり、一度目二度目の寄りの時に上手を引けなかったと、というのが私の印象でした。

以上、ご質問へのお答えでした。これからも宜しくお願いします。
丁寧なお答え、ありがとうございました。

うーんなるほど。白鵬は寄られたときでも残すのが精一杯で、巻き変えも上手を取るのも難しかったという事ですね。

何とか言い返したいのですがそれほどの力がないというのがこちらの情けないところです(爆)。

でも非常に勉強になりました。今後ともよろしくお願いします。





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM