リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

大相撲技量審査場所、13勝2敗が良い、そして張出を

0
    大相撲技量審査場所が終りました。
    鶴竜・豪栄道・栃ノ心・土佐豊といった、私の好きな力士たちの
    活躍で、内容的には久々に満足のいく場所でした。

    白鵬の7連覇も見事でしたが、13勝2敗という成績にも納得です。
    あの大鵬でさえ、全盛期でも取りこぼしはあったもので 「だから
    相撲は難しい」 ということです。

    朝青龍時代から、横綱に対しての思い切った仕掛けが減ったと
    感じていましたが、今場所の魁皇・日馬富士の勝ち方も良かった
    ですね。良い相撲でした。

    さて想いは名古屋場所ですが、最近三役に張出を作らないという
    慣習が出来ているようです。個人的には張出関脇がいると、新しい
    時代が来るようなワクワク感があって、楽しみがありましたね。

    例えば、輪島・貴ノ花・三重ノ海たちがほぼ同時に三役へ駆け上がった
    時代。大横綱(になったはずの)玉の海の急逝のあとの空虚感のあった
    土俵を、若き関脇の頑張りが盛り上げました。

    確かあのとき張出関脇の常連だったのは、後の大関魁傑でした。
    そうです、放駒理事長です。関脇が4人いると土俵に活気が出るのを、
    憶えていると思うのですが・・・。どうでしょう。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッ
    お願いします。

    コメント
    コメントする