リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

大相撲初場所、稀勢の里の左かいなは

0
    JUGEMテーマ:スポーツ
    大相撲初場所は、久々に両関脇の二桁勝利。
    ということで、稀勢の里について・・・。

    まず、立合いが安定してきたことは間違いないですね。
    以前にも書いた、師匠である元横綱隆の里のような立合いを・・・
    という型に、かなり近づいてきました。先場所から本格的に
    今の型になりましたが、立合いに関しては自分のものに
    なってきたという感じです。

    もうひとつ注目していた、左かいなについて。
    白鵬戦、日馬富士戦では強烈な左が生きてました。
    しかし一番期待していたのは、組んでからの左の動き。

    特に左相四つで、稀勢の里より重心の低い琴奨菊戦。
    左かいなで起こせるか見ていましたが、下手を探るので
    精一杯でした。以前も琴奨菊戦をポイントに上げましたが
    この点はまだ・・・ですね。

    もちろん、琴奨菊をホメるべきところではあります。

    さて他に敗れた相手、魁皇は琴奨菊と同様に左相四つで
    稀勢の里より重心が低い力士。そして琴欧洲・把瑠都・阿覧は
    上手を引くと強い力士・・・つまり稀勢の里の左かいなが勝負と
    なる力士たち。

    引き技での黒星など、勝負の展開は左かいなと無縁な部分も
    ありましたが、苦手にして欲しくない力士に土を付けられました。

    逆に言えば、彼ら相手に左を返して上手を近くし、浅い右上手から
    怒涛の寄り身で快勝・・・となれば、あと 2,3勝の上積みは充分に
    期待できますが・・・。

    感じるのは、白鵬戦・日馬富士戦の左は強烈な一発でしたが、
    かいなの返しは一発ではいかないわけで、じっくりと腰を据えての
    相撲となるわけで・・・まだまだ稀勢の里の相撲には淡白な一面も
    感じるわけで・・・。

    その辺、春場所に注目したいですね。




    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
    ポチッとお願いします。

    コメント
    コメントする