リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

止まらない稀勢の里

0
    稀勢の里が止まらなくなりました。もちろん連勝が止まらないと
    いう意味ではなくて、相撲が止まらなくなったということです。

    カテゴリー一覧でお分かりのように、稀勢の里の記事をもっとも
    多く書いているのですが、今まで私が稀勢の里に望んできた相撲に
    今場所は近づいています。

    稀勢の里は足長の力士。横綱大関を目指すには四つ相撲ではなく、
    寄り相撲を磨くしかなく、止まらない相撲は必要不可欠。

    さらに、かいなの返しを磨いて、相手の腰の位置を高くすることも
    同様の理由でこれも必要不可欠・・・などと勝手に書いてきました。

    左四つながら、左手の方が力は強いという稀勢の里。今までは
    左下手を引いて、引き付ける場面を見ること、しばしばでした。

    実際は今場所も同じ傾向だったのですが、苦手の把瑠都戦で変わり
    ました。下手を引き付けるだけでは勝てないと、その状況で下手を
    離して把瑠都の上手をその強力な左手で切り、止まらずに攻めきり
    ました。左の差し手と足が攻め続け、まさに止まらない相撲でした。

    琴奨菊戦もそうでした。やはり苦手の相手に対して、最初左下手
    を引いた稀勢の里でしたが、重心の低い琴奨菊に同じ体勢で何度も
    苦汁を飲まされている経験から、下手を離して琴奨菊の上手を切り、
    かいなを返して寄り立てました。下手を引いた瞬間、一瞬止まりか
    けましたが・・・。

    左手が常に仕事をし続け、それと同時に足も止まりませんでした。

    苦手を倒しての連勝に価値があるのではなく、苦手を倒すために
    自然な流れで相撲が変わったことに価値があります。これからも
    自然に、この相撲でいけそうな感じがするからです。

    打倒白鵬の最右翼として、白鵬戦も“止まらない稀勢の里”を!


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッ
    お願いします。




    コメント
    コメントする