リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

白鵬に貴乃花がダブった大相撲14日目、朝青龍と決戦へ

0
    大相撲秋場所14日目、両横綱とも快勝し千秋楽対決となり
    ました。見応えのある、横綱相撲でした。

    白鵬は凄かったですね。琴欧洲と右の相四つ、両廻しが引けない
    体勢から、ものの見事に小手投げを決めました。

    何が凄いって、両廻しが引けない白鵬の方が腰の構えも決まった
    四つ身の体勢なのに、上手を引いてる方の琴欧洲が腰が引けていて
    これでは投げてくださいと言っているようなもの。

    白鵬に廻しを引かれる恐怖感が、琴欧洲にあのような体勢を取らせた、
    白鵬の横綱のオーラというか、圧力というか・・・でしょう。

    最近は立合い重視&上手重視との感じがします。大相撲の解説でも
    大概は立合いうんぬん、上手うんぬんの話です。

    もちろん大きい部分を占めるのは確かですが、四つ身の型を身に付ける
    ことの重要性を横綱自ら知らしめたというふうに見えました。

    そして仕切り直しのとき白鵬が見せた、遠くを見るような、眩しそうな
    目を見たとき、一瞬あの貴乃花がダブって見えました。

    万全ではない左ヒジ。この相撲に勝たないと、千秋楽を楽しみに待つ
    大相撲ファンの期待を裏切ることになることへの責任感。

    14日目の白鵬の表情(特に目)は、平成の大横綱貴乃花を彷彿とさせる
    風格を感じさせました。

    そして朝青龍、個人的には最も注目した琴光喜戦。ここ数場所は
    攻防のある相撲を展開していましたが、今場所はほとんど攻めさせる
    こともなく投げ捨てました。

    連勝していた頃の “かつての” 朝青龍ー琴光喜の相撲でした。昨日の
    記事で書いたように、やはり朝青龍は帰って来ました。

    そして日付も変わって今日千秋楽、いよいよ決戦です。

    14日目は、土佐豊と阿覧の相撲が最高でした。
    昭和の匂いがする力士と常々土佐豊を評してますが、この相撲は
    まさに昭和の大相撲的な相撲でした。

    こんな相撲が日に何番かあれば、まだまだ大相撲人気は盛り上がる
    はずです。同じく昭和の匂いの鶴竜も、また良い相撲を取りました。

    豪栄道も復調。お楽しみは、これからだ。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。





    コメント
    昨日はラジオで聴いてましたが、土佐豊はいい相撲とったみたいですね。ラジオでは岩佐アナ(たぶん)が玉の海についてふれてました。曰く、「玉乃島も体は大きくなかったが頭をつける相撲はとらなかった」と。このまま成長していってほしいです。
    • ハウスドルフ
    • 2009/09/27 10:55 AM
    コメントする