リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

大相撲コラム天下泰平記配信、テーマ豪栄道

0
    大相撲名古屋場所も、いよいよという感じですね。
    本日配信の天下泰平記は、豪栄道についての久し振りのコラムです。

    さて場所前の稽古では、朝青龍が日馬富士に分が悪かったとか
    稀勢の里に投げられたとか、情報も賑やかですね。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    先日亡くなられた、プロレスラー三沢光晴さんの「お別れの会」に
    関係者1000人という記事がありました。

    亡くなられる2日前に配信した天下泰平記では、私と同年齢の力士、
    北天佑・旭富士・藤ノ川について書きましたが、三沢光晴には、初めて
    自分より年下のレスラーがトップに立った、という感慨がありました。

    正直、そのショックは大きなものでした。

    東京オリンピックのために、その前年にテレビを買った我が家。
    つまり大相撲を見るようになったのは、昭和38年頃。

    プロレスを見るようになったのは、昭和44年から。これには理由が
    あって、当時はNHKとRKK熊本(TBS系)しか映らず、福岡市の中継局を
    見るには、コンバーターというのを設置しないとダメでした。

    昭和44年、コンバーターがついに家に来たときに、真っ先に見たのが
    プロレス中継。馬場&猪木VSブルーザー&クラッシャー。

    当時のプロレスと今のプロレスを見比べると、まったく別物に見えます。
    そのことについて何時か書こうと思っていましたが、その変化の先頭を
    走っていた三沢選手の死で、何を書くべきか分からなくなりました。

    大相撲にとっても、変化はある意味キーワードです。そこをテーマに
    そのうち書いてみます。この話は、とりあえずここまで。

    さて、それでは名古屋をたのしみに・・・。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。






    コメント
    コメントする