リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

逸ノ城が鶴竜に勝っても不思議ではない☆小錦も勝ったし☆遠藤は・・・

0
    逸ノ城が稀勢の里に続き、豪栄道も撃破しました。

    新入幕力士の大関戦ということで、同様に新入幕で大関以上と対戦した力士との比較をされていますが、私は小錦を思い出します。

    昭和59年秋場所(ちょうど30年前)、入幕2場所目だった前頭6枚目の小錦が横綱千代の富士・隆の里、綱取りが掛かっていた大関若嶋津を破り、千秋楽まで優勝争いに絡んで12勝3敗でした。

    小錦は十両で2場所連続優勝して入幕、新入幕は8勝7敗と地味でしたが、2場所目は「黒船来襲」と呼ばれました。新入幕ということで目立ちますが、小錦の例もあるし、逸ノ城が鶴竜を破っても不思議ではありません。

    かつての名力士で少年時代に、不安定な小さな漁船に乗っていたり、足場の悪い板場の上で沖中司で働いていたというケースがありますが、遊牧民だった逸ノ城は馬の上で力士としての素地を作っていたのかもしれません。

    200kg近い体で、あの下半身。重量級力士は前に落ちやすく、淡白な相撲が増えたと何度か書いたことがありますが、逸ノ城は前に落ちにくそうですね。あの大きい下半身ながら、足首が結構細い。上に行ける力士は大概、足首が細いことが多いのです。

    ところで遠藤、体が張ってないですね。栄養のあるの食べてるの?お茶漬けの食べ過ぎか?






     

    | 1/1PAGES |