リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

高安は成績よりも、そのスピードで横綱大関相手に暴れてほしい大相撲秋場所です

0
    剛士と旭大星に期待する大相撲秋場所と前回書きましたが、理由は今の土俵に最も欠けているのはスピードだと感じるからです。

    スピードといっても、もちろん勝負が早くつく相撲という意味ではありません。一つ一つの技であったり、技から技へ局面が変わるときの速さであったりの、スピード不足ということです。

    その意味でのスピードにおいて、最も先場所で見応えのあった一番が白鵬ー高安でした。高安は速くなりましたね。

    高安の記事は2回目ですが、最初に書いたときの記事の内容は、重心の高い高安は、同じように重心が高かった横綱北の富士の速攻相撲を目指せ、というものでした。

    その部分が、期待通りに伸びてきたという感じです。本格派ではないですが、同世代の遠藤と対照的で、それはまた面白い個性になり、土俵も面白くなる予感です。

    平成生まれ初の新三役。成績よりも、まずは横綱・大関陣に恐れられる速攻相撲で、思いっきり暴れてほしい高安です。
     

    高安の速攻相撲、どこまで磨けるか・・・春場所の見どころです

    0
      前回も「昭和の名力士」という新しいカテゴリーを加えましたが、今回も新しいカテゴリー「高安の特集記事」です。

      出世が早かった高安は幕下の頃から注目していましたが、足の長さが気になるところで、上位では厳しいだろうと見ておりました。

      重心の高い力士に求められるのは先制攻撃と、そこからの速攻です。その点では、初場所の高安は突っ張りが武器に出来るようになり、それが好成績につながったと思われます。

      最近の相撲で感じられるのは、回転の速い突っ張りが少なくなったところで、一発一発は重いのですが、突きなのか押しなのか区別しにくいような感じですね。高安の回転の速い突っ張りは、見ていても気持ちいい相撲です。

      さらに上を目指すには速攻だけでなく、かいなを返したり、上手を切ったりする、まともな四つに組まない技術も求められます。

      重心が高い力士で、よく例に出しているのが解説の元横綱北の富士さんですが、北の富士は回転の速い突っ張り、かいなを返して上手を浅くする、がっぷりになっても相手の上手を切るという技術に加えて、切れ味鋭い上手投げと外掛けがありました。(番外で黄金の引き足もありましたが)

      だから北の富士は横綱になったわけですが、高安の土俵際の逆転の上手投げなど見ていると、運動能力の高さはあり、技術的な可能性はありそうです。大関候補となる可能性ですね。

      春場所の横綱大関陣との取組で、その速攻相撲を見せられるか・・・楽しみです。


      にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。


       

      | 1/1PAGES |