リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

松鳳山は銭が取れる相撲だ&高安のアンチテーゼの上手捻り

0
    遠藤遠藤の大相撲秋場所とはいえ、ここまで良い当たりを見せていた玉鷲を受け切った、遠藤の立合いは見事でした。

    立合いと言えば、今一番良い立合いを見せるのは松鳳山ですね。「今の土俵に足りないのはスピード」と何度か書いておりますが、松鳳山の相撲は「銭の取れる相撲」ですね。鷲羽山や富士櫻と、対戦させたいほどです。

    さて、場所前に期待を込めて記事を書いた高安ですが、立合いが残念です。兄弟子の稀勢の里の立合いと同じ理由で残念です。しかし、今場所も上手捻りを決めてくれました。

    何故かというと、これも何度か書きましたが、昨今の上手廻し重視の取口の増加、それに伴う逆足の増加。上手捻りは、今の土俵に対する、ある意味でアンチテーゼになっていると思いますね。



    白鵬の相撲には意表をつかれます:相撲内容が良かった九州場所でした

    0
      大相撲九州場所は13日目、稀勢の里を破った白鵬がほぼ優勝を確実にしました。一年納めの場所を第一人者が締める、ということでしょう。

      通常は左の張り手で右差しを狙う白鵬の張り差しですが、左四つの稀勢の里に右の張り手で左を差しこむ、稀勢の里にとっては意表をつかれた取口でしたが、見ている方も白鵬には意表をつかれますね。

      それだけ、柔軟な対応が取れる横綱ということでしょう。円熟味を増したと判断しましょう。

      新横綱日馬富士の苦戦や把瑠都の大関陥落など、いろいろあった九州場所、基本的に辛口の当ブログですが、九州場所の相撲内容は近年にない盛り上がりだったと感じました。

      恒例のようにガラガラの九州場所の館内も、後半は結構お客さんが入っているように見えました。

      豪栄道・松鳳山といった、攻防のある相撲を見せられる力士の活躍。舛ノ山の我武者羅な相撲。十両の栃乃若の圧倒的な破壊力。

      特に松鳳山の活躍は、小さい若い力士の大きな励みとなったはずです。「小さい力士でも、もっと廻しを引いて相撲を取れるようになれ」という・・・。

      残念なのは、もっとも期待した新十両の竜電。竜電に限らず休場力士が多かった九州場所。ぶつかり稽古で転ぶのを嫌がる力士が多いのが、ケガが多い要因なのでは、という北の富士さんの言葉に大賛同です。

      転ぶ稽古・・・負ける稽古も大事。
      負ける稽古が大事・・・この言い回しは、何か人生にも通じるような深さを感じますよ。


      にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。


       

      松鳳山が今一番見応えのある相撲を見せてくれます

      0
        九州場所・・・私も福岡ですが、やはり福岡出身の松鳳山には頑張ってほしい地元場所です。

        今、松鳳山が一番見応えのある相撲を取っている、と思います。大型力士による直線的な相撲が多い土俵で、大相撲本来の醍醐味を体現しています。

        直線的だけでなく、丸い土俵で激しく円運動をするから、見る側の目線が上下左右に動いて、相撲は面白いのです。

        もちろん、大きな体でじわじわと押す相撲が面白くないと言いたいわけではないし、昭和の土俵もみんながみんな、若浪や藤ノ川や陸奥嵐や初代貴ノ花や鷲羽山のような相撲だったわけではありません。

        ただ同じような展開の相撲が多いなかで、単純に「おぉ凄い」と感じられる相撲がもっと見たいということです。

        大相撲の面白さの話になると、以前も「力士たちは、勝つために一生懸命です」と反論のコメントをいただいたこともありましたが、それも認識しております。

        それでも、40数年前に私が感じたような、子供たちが驚き喜ぶような大相撲を、一日に何番かは見たいわけです。

        今、その期待に一番応えているのが松鳳山だと思っております。

        にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。

         

        | 1/1PAGES |