リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

妙義龍は押しから次の展開に期待、大関候補であることは間違いないです

0
    先日、大相撲中継で定年を迎えた中村親方の富士櫻は「これからは、ゆっくりテレビで相撲を見ます」と語っていました。このブログで引退間もない富士櫻の「出来れば、死ぬまで相撲を取っていたい」という言葉を取り上げたことがありましたが、「テレビでゆっくり見ます」というのは富士櫻らしいコメントだと思いました。ところで、前回富士櫻を北玉時代最後の〜と書きましたが、富士櫻より若くして入幕した力士は北玉を知っているわけで、訂正しておきます。

    というわけで、やはり北玉を知る力士、武蔵川の三重ノ海も定年ということで大相撲中継に出てましたね。私、プロフィールでも書いている通り、三重ノ海のファンでした。右上手からの出し投げからの寄り身の、理詰めの攻めは見事でした。幼年期に廣川、小学低学年で二子岳、そして高学年で三重ノ海を応援していました。輪島とほぼ同じ勝ち星を上げ、同じスピードで大関候補になり、いよいよの時に内臓疾患。昭和47年名古屋場所、その日三重ノ海の休場を聞いた時に感じた不安の想いは、今も感覚が残っています。

    輪島と同時期に横綱に昇進していたら、輪湖時代の様相も変わっていたでしょう。もちろん、玉の海が存命であっても同じことが言えますが。

    昭和の話が長くなりましたが、久しぶりに現在の土俵。朝青龍全盛期には、今の横綱大関陣が入幕していたことを考えると、若手力士の台頭の遅さを感じます。ここは豪栄道と妙義龍に頑張ってもらうしかありません。

    で、本日は妙義龍。仕切りの所作や体型は、昭和の大相撲を真っ当に継承している力士だと感じます。一つの不満は、押し込んだ後の展開で、廻しをきちんと引いての仕事が出来ていない点です。せっかく押し込みながら、逆転される場面をよく見ます。今場所の稀勢の里戦では、出し投げを打って逆に呼び込み敗れました。それこそ三重ノ海の理詰めの出し投げ、そういう攻めが出来る巧者だと妙義龍を見ています。

    今は、立合いからの攻めをまず第一にしていると見えますが、栃煌山戦でも「さがりを掴んでいたから押し切れた」と語ってました。そういうことです。前廻しからの仕事を、もっと磨いてほしいですね。押しから、次の展開になってからの勝負です。それが出来る力士、間違いなく大関候補の妙義龍です。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。


     

    妙義龍の魅力は、大化けへの期待感です

    0
      大相撲春場所が始まります。
      期待の若手力士、妙義龍。書くの、初めてですね。

      先場所、技能賞を獲得しましたが、9勝6敗での受賞というのが技能賞らしくて良いですね。ふた桁勝利に届かなくての受賞は、確かに技能が認められたということです。

      重心の高い力士、体重が有り過ぎる力士が多い昨今、見ての通り妙義龍は、両方ともクリアしている力士です。

      加えて、ヒザの曲がる角度が素晴らしいと、テレビでの解説でも度々絶賛されています。

      学生相撲出身力士には珍しく(?)、引き技も少なく、正攻法の相撲ですし、立合いも学生相撲らしくないところがあります。

      両手を初めからきちんと付く学生相撲の立合いから、大相撲の立合いに慣れるまで苦労したようですが、学生相撲の立合いを頑なに続ける力士も多い中で、これも珍しい存在です。

      実際、今では最も大相撲らしい立合いをする力士の一人と言えます。

      相撲内容と立合いも含めた、その土俵態度から実直な力士という印象ですが、期待する部分は別なところにあります。

      現在、押し相撲のイメージが強い妙義龍ですが、大化けしそうな予感が、この力士は持っている気がします。

      今の押し相撲は、あくまで先制攻撃のもので、それから廻しを引いての、堂々とした役力士の相撲を取るという期待を持ちますね。

      小さくまとまらないで、時間が掛かっても良いから、大きい相撲を期待します。鶴竜の成長過程に近いかな、と感じます。

      今風の若者といった雰囲気の勢、貴ノ浪的豪快さを発揮しそうな栃乃若に対して、妙義龍の古典的雰囲気は、面白い出世争いの構図になりそうです。同部屋で高校の同級生の豪栄道とも、ライバル物語が・・・。

      さて、上位陣との初対決は如何に。


      にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
       

      | 1/1PAGES |