リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

大相撲新番付、新入幕の勢は平成の白いウルフだ

0
    大相撲春場所の番付が発表されました。
    まずは新入幕の勢、注目ですね。

    かつての日本人力士7人のサムライも、稀勢の里と琴獎菊が大関に。三役には小結の栃煌山。豊ノ島・豊真将・豪栄道・豊響が4・5・6・7枚目と続いて、新しい波が割って入ってきました。

    その筆頭は、文字通り前頭の筆頭に東西揃った妙義龍と栃乃若ですが、まずは勢。

    幕下が長かった勢、それは立派な体格で早くから注目されていたからこそ、長かったということを知られているわけですが。

    しかし、その優しい顔立ちは勝負師という感じではなく、果たして大成するのかと思わせました。

    そして新十両での大活躍。インタビュールームでの受け答えで、ますますそのイメージは確立しました。軽さを伴った、若者らしい明るさ。力士らしくない、ある意味個性派力士の誕生です。

    さて相撲は、あからさまに白鵬に憧れたような立合い。これもまた、今どきの若者的。右差しからの速攻は、まさに四股名通りの “勢”があります。

    下手からの力士は大成しないと言われてますが、今の勢が上手を意識すると、逆に守りに回りそうな気がします。

    今のままで、やって欲しいですね。特に今、四つ相撲では上手からの攻めの力士が多いですから。面白い存在です。

    右差しからの速攻というと、“白いウルフ”益荒雄を思い出します。相撲だけでなく、顔付きも体付きも似ているのですが、昭和の益荒雄がまさに精悍な表情の強面の力士だったのに対して、勢は明るさを前面に出した、“平成の白いウルフ”です。

    白いウルフの代名詞は大物食い。早く上位と対戦するところまで番付を上げて欲しいですね。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。

    | 1/1PAGES |