リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

隠岐の海は勝つべくして勝った、そしてダメ押しと駄目押しの違い

0
    大相撲秋場所より、ツイッターを始めました。
    初日にツイートしたのは、稀勢の里・豊真将・旭秀鵬の三力士。

    たぶん、この三人と琴奨菊については当然、後半戦で記事にすること
    になるでしょうから、本日は隠岐の海について。

    前回、隠岐の海の記事を書いたのは、隠岐の海がまだ十両の時、昨年
    の一月ですから、もう一年半以上経ちました。

    そのときは、最近では珍しい胴長短足の、力士として理想的な体型に
    期待すると書きました。入幕してからは、その体型だけでなく、柔らかさ
    もあって、さらに期待感は高まっています。

    胴長短足で柔らかい隠岐の海、初日に強引な攻めを見せた日馬富士
    も攻め切れなかったですね。横から攻める形じゃないと、隠岐の海には
    そう簡単には勝てない・・・と思わせるほどの可能性を感じます。

    さて日馬富士の方ですが、以前に「ヒジが伸びるほど目一杯の突き押しは
    反撃されるスキが出来る」と書いたことがありますが、今場所はそれが出て
    しまってます。正直、隠岐の海には負けるべくして負けました。

    気迫が空回りしているとも言われ、私もそう思いますし、本来の日馬富士の
    相撲とは、ちょっと違うと思います。

    話が逸れますが、日馬富士のダメ押しに関して何かで読みましたが、
    アレは違います。

    ダメ押しとは、ほぼ勝負は決まってるが、まだ決まってないときの押しが
    ダメ押しです。野球なんかで「ダメ押しのホームラン」などと言いますが、
    試合が終わってホームランを打つ・・・そんなわけ無いですね。

    特に鶴竜戦に何故かよく見ますが、勝負が決まってからの押しはダメです。
    ケガします。あれはダメ押しではなく、駄目押しです。

    ダメ押しは、大相撲では奨励されているものです。
    ダメ押しと「駄目」押しの違いを、特に大相撲の記者の方には理解して
    ほしいと感じます。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
    ポチッとお願いします。


    隠岐の海、楽しみな若手力士登場です

    0
      貴乃花がまだ貴花田だった十両に上がった頃、その足の長さに
      少しばかりの不安を感じた記憶があります。貴乃花は見事大成し、
      その不安はまったくの杞憂となりました。

      貴乃花は下半身が充実していくにつれて、尻から大腿部、さらに
      大腿部の裏側と筋肉が充実し、常にヒザにゆとりがあり腰が割れて
      いたことから、足の長さを感じなくなりました。

      貴乃花は昭和47年生まれ。日本において(ちょっと話がおおげさ
      になっておりますが・・・) 生活様式や食生活が劇的に変化した
      のは、昭和45年あたりです。その後に生を受けた青少年は、やはり
      足長の傾向にあると思います。ダイエットに成功した貴乃花親方を
      見れば、分かりやすいですね。

      現在の土俵にも稀勢の里を初め、もう少し胴長短足ならば、と感じる
      力士多数です。昭和の力士と、つい比べてしまいます。

      と思っていたところに、昭和の匂いプンプンの胴長の力士が登場
      しました。もちろん、隠岐の海です。

      本名の福岡で取っていた時から、福岡在住の私にとって興味深い
      力士でしたが、その昭和体型のうえに相撲内容がまたうれしい
      ぐらいにオーソドックス。

      入幕して栃ノ心や土佐豊を相手にガチガチの四つ相撲を、そして
      早く上位と対戦してほしい力士です。

      四股名も故郷にちなんでいるのも良いですね。最近の四股名は
      難しい字を多用したり、自我を強調したりの四股名が目立って
      いましたが、故郷の地名・・・良いですね。さらに海をつけて
      隠岐の海。海や山・川 ( 川はホント見なくなりましたが) を
      つけるのは四股名らしいなぁ、と思います。

      四つ身の型もきれいですし、春日王戦のように相手に両廻しを
      引き付けられても下手一本でしのぎ、相撲が長引き、疲れて腰高
      になった春日王を逆転勝ちした一番なども見応えありました。

      隠岐の海、新入幕を期待します。久々に楽しみな力士の登場です。


      にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッ
      お願いします。




      | 1/1PAGES |