一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

先日、蒙御免さんの玉の海の記事にコメントしたからでしょうか、玉の海の記事をまたも書きたくなりました。一年ぶりになりますね。

コメントで、双葉山はリアルタイムで見てないのでアレですが、大鵬・玉の海・白鵬は特別に強い横綱だったと書きましたが、実際のところ北の湖・千代の富士・貴乃花・朝青龍を見てきた大相撲ファンには伝わっていないだろうと思います。

数字で表すのが早いでしょう。
死の直前の場所は、場所中に虫垂炎を発症していて、12勝3敗に終わってますので、この場所を除く6場所の成績。

昭和45年秋場所:14勝1敗で優勝
        黒星:横綱北の富士
    九州場所:14勝1敗で優勝
        黒星:横綱大鵬
昭和46年初場所:14勝1敗優勝同点
        黒星:横綱大鵬
     春場所:14勝1敗で優勝
        黒星:大関前の山
     夏場所:13勝2敗
        黒星:横綱北の富士・大関清国
   名古屋場所:15戦全勝優勝

驚くのは、関脇以下に一度も負けていないことです。6場所を通した中で、これは誰も出来ていない記録でしょう。

王者大鵬もライバル北の富士も、本当に強い横綱でした。大関も清国・前の山に琴桜・大麒麟がいました。最強関脇の長谷川がいて、貴ノ花や大関キラー三重ノ海が新関脇として登場してきた頃です。

北の湖の年間最多勝・千代の富士の連勝記録・朝青龍の7連覇や最多勝・白鵬の連勝記録に最多勝更新等、ライバル不在の中での記録だけに、ついつい玉の海のことを書きたくなってしまいます。

本来右四つでしたが左四つでも遜色なく、とにかくその四つが本当に絵に描いたように美しかったものです。あんな美しいがっぷり四つを、40年以上経った今でも見ることが出来ません。胸の合わせ方が天下一品でした。

しかしその玉の海と互角、稽古場でも「俺は合口が良かったね。俺の左は堅かったから」という北の富士も凄かった。最近は謙遜する言葉が目立ちますけどね。

北・玉のような相撲を、もう一度見たいと、ずっと思ってます。

では、良いお年を。


にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
  

 

昨日10月11日は、横綱玉の海の命日でした。
あれから、40年の歳月が過ぎたわけです。

玉の海については、昭和の力士では北の富士とともに、単独でカテゴリー
を作っているように、かなり書き込んできました。

40年という区切りの時に、今さら何を書こうかという感じではあります。

40年前というと大阪万博の翌年、日本経済が一つのピークを迎えていた
ように、様々な業界がピークだったように思います。

プロ野球は長嶋・王の9巨人、長嶋がぶっちぎりで首位打者。
プロボクシングには5人の日本人世界王者、あの大場政夫もいました。

馬場と猪木が、同じプロレス団体にいた最後の年でもあります。
キックの鬼、沢村忠も健在でした。

いろいろな業界が発展し衰退し、変化を余儀なくされました。個人的には、
衰退を止めるための変化は、逆効果だったことの方が多かったと思います。

大相撲は・・・。

玉の海は横綱としては小柄で、力が強いわけでもなく、立合いの速さも無く
前さばきも下手で脇が甘い、そういう力士でした。それでも・・・。

戦後60余年、多くの横綱が生まれ、名横綱と呼ばれた力士もいます。
しかし、本格派横綱と形容されたのは、玉の海だけでした。

“美しい相撲”を取りました。

あれから40年です・・・。


にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。
 

大相撲秋場所も明日が初日ですが、今日は久し振りに昭和の大相撲。
今まで、横綱玉の海の記事をいろいろなカテゴリーで書いていましたが、
「玉の海の特集記事」という名前でカテゴリーを加えました。

昭和の大相撲をテーマにブログを始めるに当たって、玉の海の存在は
非常に大きなものでした。記事は大体がブログ開始の頃のものですので、
整理しておかないと、それこそタンスの隅に追いやられる状態になって
しまうと感じ、カテゴリーを新たにしました。

当時、私タイヘイはもう一方の雄、横綱北の富士のファンであり、
地味な業師だった二子岳を応援しておりました。しかし年を経る
ほどに、玉の海の相撲がいかに稀有なものだったかを感じます。



写真は玉の海が琴桜を吊り出しているものです。
琴桜は玉の海よりも3歳年長ですが、玉の海の死後、横綱になって
いますので、この写真は横綱玉の海ー大関琴桜です。

177センチ・134キロの玉の海に対して、182センチ・150キロ
の琴桜が見事の吊り出されています。琴桜も剛力で太鼓腹を利した豪快な
吊りを得意としましたが、玉の海との吊り合いでは分はありませんでした。

写真で注目して欲しいところ、玉の海の吊りは「腰で吊る」と形容され
ましたが、琴桜の足が上へではなく、前方に吊られているところです。

腕力と背筋力で抜き上げるような吊りは豪快ではありますが、吊られた
足が宙をバタバタする状態、言い換えれば決まり手としての美しさでは
「腰で吊る」吊り出しに軍配が上がります。

ちなみに写真は両差しですが、むしろこれは珍しい方で、がっぷり四つ
からの吊り出しがほとんどでした。本当は、がっぷり四つからの方が
玉の海の腰の強靭さと柔らかさが伝わるのですが・・・。

玉の海は右四つの完成された型が有名ですが、左四つでも遜色なく、
特に胸の合わせ方の巧さは天下一品で、重心の低さもあって、がっぷり
に組んだだけで、相手の体の重心は少し浮いていました。

双葉山の相撲は、かなり近い形で白鵬が具現していると思います。
玉の海の相撲も、いつか具現されるのでしょうか・・・。


にほんブログ村 相撲・大相撲
⇔ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。



懐かしい写真ですね。
昭和45年初場所、北の富士と玉の海(当時玉乃島)が横綱同時昇進を
決めた場所です。右が本割で、左が優勝決定戦です。

優勝決定戦では速攻の北の富士が外掛けを決め、優勝を果たします。
本割は玉の海の吊り出しと、両者の個性が出ています。

私は華やかな相撲を取った北の富士のファンでしたが、玉の海の吊りの
写真はやはり凄いですね。

腰で吊っているので、北の富士の足が中空でバタついています。これが
腕力での吊りならば、吊られた方の足はダランとします。腰で吊ることが
出来た数少ない力士です。

盲腸の再発のため生前最後の場所は12勝3敗でしたが、その前場所から
連続6場所で84勝6敗という抜群の成績。この数字ながらライバル不在の
独走時代でのものでないのも凄い。

昭和45年から昭和46年にかけての成績ですが、この2年間の最多優勝
力士はどちらの年も3回で北の富士でした。大横綱大鵬も引退間際の輝き
を見せていました。その激戦の中での84勝。

玉の海というライバルの存在で北の富士も輝き、ピッカピカの華やかな
横綱振りでしたね。39年前のお話でございました。

にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。








3日連続で吊り出しがテーマです、一応完結編ということで。

昭和40年代の横綱玉の海に関しては、もう何回も書いていますが、
改めて・・・。

吊り寄りという言葉がありますが、玉の海の場合は寄り吊りでした。
相手の腰を引き付けながら吊るため、寄りが先というふうに見る者の
目に映りました。

1場所で、だいたい6番前後は吊りで決めていました。
玉の海の吊りは、腰と腰が密着するように引き付けるため、相手の腰
は伸び切って、体は反り返ってしまいます。

この体勢になると、土俵から1センチでも足が上がれば反撃不能の状態
となります。密着した腰を支点にして、相手の体は反り返っているので、
両脚は宙を駆けるように吊り出されました。

表現がヘタなのでアレですが、先場所朝青龍に吊られた白鵬の体勢は、
これの真逆でした。

以前吊り出しの名手として、あの力士・この技〜明武谷を書きました。
189センチ・113キロのゼイ肉の無いブロンズ像のような筋肉質、
高見山登場前の最長身力士でした。

腰が重かったあの大鵬を、ゴボウ抜きに抜き上げる豪快な吊りを見せた
優勝決定戦出場2回の実力者。朝青龍の吊りはこの明武谷に似ています。

大相撲トーナメントでの朝青龍に、みのもんたが「まるで起重機のようだねえ」
とコメントしていましたが、"起重機" は明武谷と同タイプの吊りの双璧
(時代は違いますが)、肥州山の呼び名でした。

現在の朝青龍は長身・筋肉質力士型の吊りです。これは把瑠都に任せて
もらいたいところです。

もちろん腕力や突き押しなど、朝青龍は玉の海より優っていますし、
どっちが強いかなんて話じゃありません。

ただ、かつて玉の海に体型・体質が似てると思った朝青龍が先場所と
大相撲トーナメントで吊りを見せたことは、淡白な相撲がいまだに多い
大相撲の土俵に、"吊り出しの復活" を予感させました。

春場所は豪栄道・土佐豊の吊り出しにも期待します。

ということで "連続3日吊り出し噺" 完結編でした。


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM