リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

鶴竜が力士として突出した部分と、それを可能にする体の特徴

0
    大相撲春場所14日目、鶴竜が白鵬を相手に大きな大きな白星を挙げました。鶴竜の相撲の型が完成に近づいた、そんな一番でした。

    鶴竜はまず、その体型に大きな特徴があります。40年ほど前に読んだ相撲雑誌に、こんな記事がありました。『胴体や腕や脚が、総て円筒形をしているスポーツ選手にはオリンピッククラスの選手が多い。角界で言えば、若乃花(初代)だ』

    鶴竜も、これに当てはまります。この記事が出た後、登場した円筒形の力士に千代の富士・三代目若乃花が挙げられるでしょう。初代若乃花・千代の富士・三代目若乃花・鶴竜に共通するのは、抜群の運動神経です。

    鶴竜が白鵬にも日馬富士にも優っている点、それはスピードです。ただのスピードではありません。以前も、どこかで書きましたが、技と技への展開が変わるときのスピードが、群を抜いています。

    立合いのスピード・寄り身のスピードなど、色々な速さはあるでしょうが、技をつなぐ速さは完全に鶴竜の相撲の型となりました。その型になれば、白鵬・日馬富士でも敵わないというものが出来上がった感があります。

    そしてそれを可能にしたのは、類まれなアスリートとしての素質にあると言えるでしょう。もちろん前述の3人の横綱も、その素質にプラス努力があったように、鶴竜も同様でしょう。

    白鵬より一回り小さい体で、廻しの位置はむしろ白鵬の方が低いのではと感じるほど、力士としての体型は白鵬に劣っていると思われる鶴竜は、その円筒形の体型で個性的な横綱となりそうです。

    鶴竜と相撲博士の因縁?&大相撲春場所決算号配信

    0
      大相撲春場所決算号で“天下泰平記”を配信しました。今場所は、見応えのある相撲が多かった場所でした。記事は⇒こちら 

      鶴竜・日馬富士・把瑠都・白鵬、という記事になっております。

      鶴竜絡みの取組は、大相撲らしい相撲が多かったですね。久々に場所を通じて、見ていても気合が入ったというか、満足した場所となりました。

      さて、もう4年以上前ですが、鶴竜の風貌と研究熱心なイメージから、“平成の相撲博士”という記事を書いたことがありますが、昭和の相撲博士だった旭国の大島親方が定年退職した場所で、大関に昇進というのも、個人的には因縁を感じます。

      日馬富士も地味ながら(?)盛り上げたと思います。大関昇進後、何故か中途半端というか、相撲に迷いをあるというか、吹っ切れていない相撲振りとの印象でしたが、今場所は思い切りの良い取口で土俵を盛り上げました。

      夏場所を楽しみに・・・。


      にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。



      鶴竜の大関昇進の可能性を、その相撲内容と体付きから考察します

      0
        大相撲春場所は9日目、鶴竜が白鵬を破り、優勝争いは混沌としてきました。同時に把瑠都の綱取りと鶴竜の大関昇進が、優勝争いとも絡んだ展開になってきました。

        今日の白鵬戦もそうでしたが、鶴竜の相撲の最大の特長はスピードです。単なる、相撲の速さだけではありません。技から技へ、局面から局面への動きの速さは、際立っています。

        最近の土俵で物足りないところ、それは動きの速さです。他にも引き技への対処や、土俵際の粘りなどもありますが、まずは相撲の動きの速さ。その点でも鶴竜の相撲が、今一番 “大相撲” と呼べる内容になっていますね。沸かせる相撲を見せてくれます。

        立合いの一発の速さではなく、展開の中での速さを持っている点では、群を抜いている力士です。大関に相応しい力士になりました。

        鶴竜のように、胴体・腕・足が円筒形を繋げたような体型は、オリンピックレベルのスポーツ選手に、よく見られるらしいです。かつては初代若乃花、千代の富士が横綱に上がる頃もそうでした。

        そして足首の細さ、これも運動能力の高さを感じさせます。ケガにも強いはずです。

        千秋楽まで、楽しみが繋がれば・・・。
         

        にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。


        鶴竜の見事な上手出し投げに・・・アレは無いと思います

        0
          大相撲コラム「天下泰平記」配信しました。
          大相撲秋場所決算号です。

          これは以前から書いていることですが、相変わらずなので、改めて書きます。立合いの変化について、はっきり言って大相撲中継のアナウンサーの偏見が、ますます大きくなってきたと感じます。

          12日目です、鶴竜が把瑠都を上手出し投げで破りました。立合いに右に飛んで右上手を引いた瞬間の、鮮やかな出し投げでした。さすが鶴竜、切れ味鋭い技が見事に決まった・・・と思ったのですが・・・。

          このときのテレビ中継の微妙な雰囲気。あの把瑠都の、あの馬力で突っ込んでくる巨体を、一瞬で上手出し投げに仕留めたんですよ。凄いじゃないですか。

          鶴竜は以前も、立合いに一瞬の見事なとったりを決めたときに同じ雰囲気でした。ご丁寧にリポーターが「立合いに変化しましたね」と訊きに行ってます。確か鶴竜は無言だったと、記憶しています。

          立合いの安易な引き技と、切れ味鋭い見事な技を、見分けられないと大相撲は大変なことになります。せめて、本来右四つ左上手の鶴竜が、右に飛んで右上手から出し投げを打ったこと、立合いの変化の範とすべき、行司のいない方への変化、これをきちんと励行したことに、テレビ中継で触れるべきでした。

          大相撲が大変なことになる、その第一は立合いに変化が無いとなると、立合いが安易なものになっていきます。体重のある、下半身より上半身が強い力士が有利になり、仕切り線ギリギリに手を下ろす力士が、さらに増えるでしょう。豊真将のように下がって仕切られると、当たるまでに低い姿勢を維持するのが大変な力士もいるかもしれません。

          あの大横綱大鵬が全盛期に、曲者海乃山に立合いに転がされたことがありました。先日定年退職した牛若丸藤ノ川は、生涯最高の相撲に、横綱佐田の山を立合い一瞬の叩き込みで破った一番を上げています。

          なぜ、これらの相撲が記憶に残っているかというと、昔の力士はなかなか立合いで落ちなかったからです。もちろん立合いだけでなく、展開の中でも前に落ちる力士は少なかったわけです。当然、淡白な相撲も少なかったわけです。

          鶴竜の話に戻りますが、後半戦でよく盛り返したと思います。負けた相撲も、どうしようも無い相撲はありませんでした。大関へのチャンスは、また来ます。

          今場所の鶴竜について「考え過ぎ」という言葉をよく耳にし、鶴竜本人も口にしたようですが、鶴竜は「考えることによって強くなった」力士です。

          「考えること」自体を、あまり「考え込まないで」今のままで、大関目指して頑張ってほしいと思います。

          最後になりますが、もちろん安易な立合いの変化は、私も好きではありません。


          にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
          ポチッとお願いします。
           

          鶴竜、あの時感じた「その日」はついにやって来た

          0
            鶴竜のことを最初に書いたのは、4年前の平成19年秋場所。
            このブログではなく、メルマガの天下泰平記の方でした。

            この場所で鶴竜は、前頭二枚目で7勝8敗と負け越しているのですが、
            その内容に、そら恐ろしくさえ感じる〜と書いておりました。

            初の上位挑戦で横綱・大関には完敗、しかし下位の力士にはほぼ
            取りこぼさずの7勝8敗。また相撲内容が、負けるときは無茶な相撲は
            せず、真っ向から見事に負け、勝つときは圧倒的な勝ち方をする。

            そこに興味がありました。この力士は勉強しながら負けているような
            風情があり、だから一旦追いついたら理詰めなだけに、ライバルたちを
            一気に追い抜くような、そんなイメージが湧きました。

            だから2008年4月5日の記事で、鶴竜を相撲博士と称したのです。
            その記事で、3年後には安馬(当時)・琴奨菊・稀勢の里に肩を並べて
            いるだろう、そして大関になって欲しいと結んでいます。

            3年後。そうです、今年ですね。

            もう日馬富士・琴奨菊・稀勢の里、そして琴欧洲・把瑠都にも追いつき、
            4年前の秋場所に感じた恐ろしさ〜この力士は追いついたら、一気に
            追い抜くのではないかという、その日がいよいよやって来た・・・?。

            大相撲秋場所が “その日” となりそうな感じ、しますねぇ。

             にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
            ポチッとお願いします。
             

            鶴竜、琴欧洲をとったり。翔天狼はバッタリの大相撲7日目

            0
              大相撲秋場所7日目は、元大関出島の大鳴戸親方が解説。
              武蔵川部屋の垣添・武州山は“出る出る”出島を継承するような
              若々しい相撲を見せました。

              そして同じく武蔵川部屋、6日目に白鵬を破った注目の翔天狼、
              思いっ切り踏み込んで、時天空のけたぐりにものの見事に転がり
              ました。

              白鵬戦の後だけに、大相撲ファンの期待の目が集まった翔天狼は
              立合いの鋭さが持ち味、そこにけたぐりを仕掛ける時天空はさすが。

              転がされた弟弟子に対して「相手を見ていませんね。下向いてますね」
              と、バッサリの一言の大鳴戸親方もさすが、プロです。

              さて7日目は鶴竜が琴欧洲を破りました。決まり手がとったりという
              のも、番狂わせにふさわしいもの。

              先日将司には、かつての曲者栃赤城の雰囲気があると書きましたが、
              栃赤城の十八番は、とったりと逆とったりでした。

              いいですね、とったり。淡々とした表情で正攻法の相撲を取れて、
              曲者らしさもある。鶴竜の横綱戦が楽しみになってきました。


              にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。




              鶴竜には“昭和の匂い”ですね

              0
                大相撲春場所は、白鵬の全勝優勝で幕を閉じました。

                若手力士の中では、やはり鶴竜が一番目立ちましたね。
                師匠ゆずりの(むしろ先代師匠の鶴ヶ嶺を想わせる)両差しを中心と
                した技能相撲。そして寺尾の突っ張りも引き継いでいます。

                井筒部屋の系譜を受け継ぎながら、四つ相撲の幅とスケールは
                さらに大きいものを持っています。

                鶴ヶ嶺・逆鉾・寺尾が関脇だったことを考えると、その上を目指せる
                力士と言えそうです。来場所の注目一番手です。

                以前に、回転の速い突っ張りの力士が少なくなった、そして突き押しの
                力士は多いのに、突っ張りの先制攻撃から四つに持ち込む力士を見なく
                なったと書いたことがあります。

                その点でも鶴竜には期待します。“昭和の匂い”・・・ですね。

                にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。




                スポーツマンタイプの相撲博士、鶴竜

                0
                  鶴竜・把瑠都・若ノ鵬に関するブログを、とコメントをもらいましたので、
                  先日の若ノ鵬に続きまして、今日は鶴竜について。

                  鶴竜は、メルマガ「天下泰平記」昨年の秋場所決算号でも書いていますが、
                  上位力士に対しては意外とあっさりと負け、しかし何かを学んでいる、負けた
                  原因を分析・確認しているといった風情があります。

                  そして下位の力士に対する勝ち方が、圧倒的に強い勝ち方をする様子が
                  "1度追い抜いたら、おまえにはもう負けないよ" といった趣があり、穏や
                  かな表情の中に凄みを覚えました。

                  その相撲振りと風貌から、"平成の相撲博士"と呼びたい力士です。

                  メガネが似合いそうな顔立ち。そういえば、昭和の相撲博士である元大関
                  旭国の大島親方もメガネが似合いそうな顔をしています。メガネを掛けた
                  ところは見たこと無いですけど。

                  鶴竜でもう一つ感じるのは、手足や胴体が円筒形をしているところです。
                  これは、先天的に運動神経に優れている選手によく見られる体型です。
                  また、体幹がしっかりしているとも言えるでしょう。

                  鶴竜の動きを見ていると、バスケットボールやバレーボールをやっても
                  一流になったのではと思います。その相撲振りも極めてスポーツマン的
                  です。

                  番狂わせの少ない相撲。強い力士には今持っているものを正直にぶつけて、
                  いさぎよく負けるが学んでもいる。そして自分が上回れば、もう負けない。

                  その勝ち方の素晴らしさ、特に柔らかな体の使い方と理詰めの相撲振りは
                  見事です。

                  無差別級の相撲において、時天空や朝赤龍といった四つ身の力士には
                  体重差で負けたという相撲でしたが、無茶をして勝ちを狙うことは絶対に
                  しない力士です。

                  その辺が、勝ち負けよりもスポーツとして上達しようとする感覚では
                  ないかと、勝手に想像してしまいます。

                  逆に言えば、着実に相撲の力をつけて、体も145キロぐらいになれば
                  なかなか負けない力士になるような気がします。

                  1年後の鶴竜は?、ということでコメントをもらいましたが、鶴竜は
                  多分ゆっくりと強くなるし、体もゆっくりと大きくなりそうです。

                  1年後は小結に1度ぐらいは上がって、勝ち越すこともあるかもしれ
                  ません。しかし、着実に学びながら強くなっているイメージの鶴竜が、
                  本領を発揮するのは3年後あたり、25・6歳ではないでしょうが。

                  その頃には琴奨菊・安馬・稀勢の里に完全に肩を並べていると予想します。
                  地位は・・・大関になってほしいですね。昭和の相撲博士、旭国のように。

                          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                  テクノラティにブログを登録しました。テクノラティプロフィール

                  大相撲初日、やっぱり今日は鶴竜ですね

                  0
                    先月から数回、立合いをテーマにしていましたので、昔の力士の立合いを
                    DVDなどで改めて検証していました。その中で一番印象に残ったのは横綱
                    栃ノ海の立合いでした。

                    177センチ・110キロ、抜群の相撲の巧さを誇った小兵横綱。時代が
                    違うといっても、当時の横綱は190センチ近い大型の大鵬と柏戸。横綱
                    を争ったライバルの大関豊山も190センチ近い力士。40数年前といって
                    も、小兵力士には間違いありませんでした。

                    この栃ノ海の立合いの鋭さは、やはり目を引きました。110キロの体で
                    "バチン" と音がするような立合いです。当たった後の腰の備えも素晴らしい
                    ものでした。

                    7連覇の頃の朝青龍が一番近いかもしれません。

                    などと考えながら初日の相撲を見ていましたので、立合いの鋭さの無い相撲
                    が目立ちました。土曜日に見た栃ノ海のDVDの残像のせいもあったでしょう。

                    立合いに関しては、今の土俵はやはり違うなという感じを持ちながら、
                    さて朝青龍の今場所の立合いはどうかな、と思っていたところでの鶴竜
                    の相撲でした。

                    "バチン" とした当たり、そして腰の備え。"あっ、この感じだなあ" と
                    思って見ていました。

                    かつて鶴竜のことを、"下位には強いが上位に弱い" "しかし1度追い越したら
                    もう勝たせない" タイプの力士と書きました。

                    今場所は、若手力士ベスト4入りと大関レースの仲間入りを目指す場所と
                    いったところですが、果たして何人の力士を追い越すことでしょうか。

                    安馬・琴奨菊・稀勢の里戦が楽しみです。もちろん明日の朝青龍戦も。
                    朝青龍の、初顔合わせ力士の連勝記録も掛かっていますね。

                    平成の相撲博士、鶴竜の静かな迫力

                    0
                      初場所にブレイクした力士として鶴竜は外せません。

                      もう4ヶ月以上前にメールマガジンで書いたことですが、昨年の秋場所は
                      鶴竜の特徴をよく現した場所でした。

                      番付上位力士相手にはほぼ全敗、下位の力士にはほぼ全勝して7勝8敗の
                      負け越し、しかしその勝ち方が理詰めで圧倒的に強い勝ち方だったことが、
                      印象的でした。

                      鶴竜は横綱・大関にまだ勝っていないはずです。善戦さえしていません。
                      その善戦していないところが凄いと感じるのです。

                      鶴竜は何とか勝とうとして、いつもと違う相撲を取ることはほとんどあり
                      ませんし、思い切った技を繰り出すことも見られません。

                      現在の自分の相撲を上位力士にそのままぶつけてみて、自分の実力を確認
                      し、何が必要かを分析しているかのような、思慮深げな静かな面持ち。

                      自分の力が上回ってくると、理詰めの相撲で確実に勝ちにいく。
                      ひょっとすると一旦鶴竜に負けてしまうと、その力士はなかなか次は勝て
                      ないんじゃないかと思わせます。

                      大関レースは始まったばかりで、安馬・琴奨菊・稀勢の里が今はトップ3で、
                      そのトップグループに迫る第2集団の先頭に鶴竜が一歩出たというところ
                      でしょう。

                      しかし1度抜いてしまえば、追いつくのは容易じゃないのではという恐さ、
                      それも静かにヒタヒタと迫る凄みを鶴竜に感じます。

                      豊響が平成の猛牛ならば、鶴竜は名大関旭国のニックネームを継承して、
                      平成の相撲博士がピッタリだと思うのですが、どうでしょう。

                      昭和のニックネームの使い回しばかりだと言われそうですが。

                      大相撲終盤戦、昔顔力士の躍進への期待

                      0
                        大相撲初場所も終盤戦となり、白鵬と朝青龍の一騎打ちの様相となって
                        きました。今場所の焦点は、当然ですが朝青龍の復帰です。

                        しかし個人的な興味は、九州場所の後半に立合いの威力が増した稀勢の里
                        の相撲。そして十両の保志光と幕下の土佐豊という、どこか懐かしさを感じ
                        させるこの2人の力士の相撲でした。

                        今場所ここまで、保志光と土佐豊の相撲は、かなりこの個人的興味に応えて
                        くれています。いわゆる淡白な相撲というのは、この2人には無縁です。

                        先日、琴奨菊の良さは「こんな体勢で前に出るのか」という若者らしさだと
                        書きましたが、これは無茶な攻めをするという意味ではありません。自分の
                        力を信じて大きな相撲が取れるということです。

                        この若者らしさという点では保志光と土佐豊も同様で、強引なまでに自分
                        の相撲を展開し、爽快ささえ感じさせます。そして若者らしい相撲振りと
                        は対照的に勝負師を思わせる昔顔の面構え。

                        終盤戦はともに、新入幕と新十両を決定的にしてほしいものです。
                        そしてもう1人極めつけの昔顔、鶴竜が好調です。

                        秋場所に番付上位力士に善戦して全敗、番付下位力士には圧倒的な相撲で
                        全勝して7勝8敗。メルマガで「まるで自分の相撲を分析しているような」力士
                        とこの時に書きましたが、次の九州場所では大負けして迎えた今場所です。

                        眼鏡をかけると昭和初期の教頭先生を演じられそうな鶴竜。
                        イメージですが、自分を分析しながら強くなっているような冷静な表情と
                        理詰めの相撲。

                        鶴竜・保志光・土佐豊が、今年の土俵に大相撲本来の醍醐味を体現して
                        くれるものと期待します。

                        しかし昔顔力士とは、若手に対してちょっと失礼でした。応援してます!!

                        | 1/1PAGES |