リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

豊真将の “土の匂い”は、さらにキツくなるか

0
    以前、“大相撲この力士この技〜押しの大受”で書いた、元大関大受(現朝日山親方)は、往年の名解説者玉の海梅吉さんに「土の匂いのする力士」と形容されました。

    今の力士の中で、最も “土の匂い”がするのは、やはり豊真将でしょう。

    前回の記事で、豊真将の押しがリズミカルになったと書きましたが、特に右足の運びが目立って良くなっていますね。

    かつて大受も、押しの足の運びが素晴らしく、それ故めったに前に落ちることがありませんでした。

    だからこそ、押し一本で大関に昇進したわけですが・・・。

    あの足の運び、前に落ちなかった押しは、ぶつかり稽古が充分だったことが、想像に難くありません。

    首根っこを捕まれ、引きずれ回され、転がされる。まさに「土の匂いする力士」は言い得て妙だったというわけです。

    押し相撲というと、横綱まで昇りつめた北勝海もいますが、若手の頃は、前ミツを引いての技能相撲の力士で、小錦を下手投げで転がしたりしていました。

    万能型だったので横綱を張れたわけですが、押しが強くなったのは、千代の富士との猛稽古に耐えたからです。

    やはり、北勝海からも強烈な “土の匂い”がします。

    豊真将も、いよいよ三役です。さらに土の匂いをさせて、押しに磨きを掛けてほしいですね。大関候補と呼ばれるためにも・・・。


    にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
     



    リズミカルな押しを豊真将がモノにすれば、大関候補です

    0
      大相撲秋場所初日把瑠都戦は、今までに見たことの無い豊真将の相撲でした。
      左差し右おっつけでの、豊真将独特の押しの型(実際は本来右四つですが)は
      今まで通りでしたが、その押し方は今までとは全く別物でした。

      これまでの豊真将の押しは、言葉で表現すると何と言うかモサモサとしたもの
      でした。しかし把瑠都戦では、腰やヒザに柔らか味があり、弾力のある押しで
      把瑠都の巨体を圧倒しました。

      例えはピッタリではないかも知れませんが、古くはモハメド・アリを破ったこと
      もあるジョー・フレイジャー、近くではマイク・タイソン(これも少し古いですが)
      のような、攻撃型のボクサーが相手に迫る時のような、そんなイメージです。

      同じ圧力でモサッと押していく従来の型は、相手にとっても引き技を決めやす
      かったと思います。秋場所での弾力のある押しは相手も嫌でしょうし、豊真将
      にとっても重心が前に突っ込まず、腰の構えも安定していました。

      もちろん何度も引き技に苦杯を舐め、故障を乗り越えて稽古を重ねたすえで
      身に付けたものでしょう。

      この相撲なら、以前のように前に落ちないだろうと思わせ、実際に前に落ちる
      ことは無く10勝5敗、見事念願の三役を確実にしました。ジワジワとだがバネ
      のあるリズミカルと言っても良い押し相撲。

      似た押し相撲の力士を探そうと記憶を手繰っても、思い浮かびません。

      と良いことばかり書いてきましたが、琴奨菊戦では消極的な相撲、元来右四つ
      ながら鶴竜に右四つで巧さ負け。白鵬にも歯が立たずと、負け方が悪く、二桁
      勝っても、大関候補と呼ばれるところまで来ていないという印象です。

      ところで「一つで大関、二つで横綱」という言葉があります。秋場所の相撲を
      磨けば、「一つ」を持った力士つまり、大関候補と呼べるでしょう。

      かつて「桜色の音楽」と謳われた、照国という横綱がいました。相手を真綿の
      布団で包み込み様な寄りが音楽的で美しかったので、そう形容されました。

      豊真将の押しもリズミカルで音楽的だったとは、ちょっと言い過ぎかもしれ
      ませんが・・・。

      琴奨菊にしろ稀勢の里にしろ、相撲内容が大きく変わったと感じた場所があり
      ました。とにかく豊真将は、秋場所で大きく変わったのは間違いありません。

      豊真将が「一つ」の型を本当にモノにしているか、そして大関挑戦へのチャンス
      を掴めるか・・・、九州場所に注目です。


      にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
      ポチッとお願いします。 
       

      豊真将に期待します〜プレイバック天下泰平記

      0
        それでも豊真将に期待します〜2007年6月12日の
        天下泰平記の記事です。本文は・・・こちら

        あれから2年半の月日が経ちました。ケガの影響もあり、
        当時記した、大関候補という呼び声は萎んだままです。

        その1ヵ月後の7月17日には、豊真将左差し右おっつけの
        威力
        、という記事も書きました。本文は・・・こちら

        1ヶ月ちょっとの間に2回も書いていますので、2年前の
        豊真将への期待感は、我ながら半端じゃなかったようです。

        7月17日の記事の右おっつけは、言うまでも無く、例の
        下げた足を前に出すことにより可能になります。

        このときに期待した攻撃的な相撲は、なかなか見られません。

        足を前後に開いた体勢も、正面からの攻撃には対処しても
        横からの攻めには弱さを見せます。

        いつか、攻め一辺倒の相撲を見てみたいと・・・考え始めて
        2年半ですね。


        にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッ
        お願いします。




        豊真将はまだまだ大関候補です

        0
          さて、久方振りに豊真将です。名古屋場所で印象に残ったのは猛虎浪戦、
          攻め急いで逆転負けした相撲です。

          解説の舞の海が「一旦止まるべきだった」と言い、向正面の立田川親方も
          それに同意見でした。

          もちろん、一旦止まってから攻めるということは普通に考えても、物理的
          にエネルギーが要ることですので、言うほど簡単なことではないしょう。

          しかしそこで考えるのは、豊真将の例の、大きく前後に足を開く守備的な
          体勢と通じる部分があるのでは、ということです。

          あそこで一歩出せないところと、猛虎浪戦で止まれなかったところは
          同じ意味合いと思わせます。それは豊真将の相撲に滲み出る“人の良さ”
          からくるイメージもあるかもしれませんが・・・。

          ここが変わらないと、豊真将は「大関候補」と呼ぶよりも「花形力士」と
          呼ばれるのがふさわしい力士となるでしょう。

          それでも幕内下位にいるときの豊真将には、勝ったときには「さすがに
          強い」と、そして敗れたときには「勝てた相撲だったのにな」という印象
          が常にあるように思います。

          期待の裏返しというよりも、実際にそう感じるのです。

          そう感じられる間は、まだまだ豊真将は「大関候補」です。


          にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。




          白鵬の優勝が決まりましたが、今日は豊真将

          0
            大相撲春場所は、千秋楽を待たずに白鵬の優勝が決まりました。
            それは、ちょっと置いといて豊真将のお話を。

            今日14日目は反則勝ちで11勝目を上げた豊真将、今場所の勝ち方
            は、お得意の一旦攻め込まれてから押し返す取口です。

            過去、何度と無く豊真将のこの取口について書いてきましたが、
            もうそろそろ良いかなと思えます。

            理由はこの豊真将の相撲が、完全に豊真将の個性だと言えるものだと
            感じられるようになったからです。

            ある力士の理想像を描いて、こんな相撲あんな相撲を取ってほしい
            と書くことがありますが、結局は稽古の積み重ねが土俵に出るわけで、
            それがその力士のベストであることは間違いありません。

            豊真将の相撲は大向う受けする派手さはありませんが、それが今まで
            積み重ねたものであり、また豊真将の人間性まで感じる(どんな稽古を
            してきたか)、今日この頃ですね。

            学生相撲中退ということで、実年齢よりも相撲年齢に若さがあると
            私は考えています。把瑠都・豪栄道・鶴竜・稀勢の里といったところと
            同じグループで出世争いを出来る若さがあるとさえ思っています。

            来場所、上位での相撲が今から楽しみです。

            にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。




            豊真将の可能性への期待は大きいのです

            0
              豊真将が久々に活躍しました。幕尻とは言え11勝4敗の敢闘賞は、
              りっぱです。体調も戻り、大関候補にも戻れるかというところです。

              初場所の途中、あることを思いました。立合いの弱さと右足の引き、
              豊真将に関して常に語られることです。でも、それも良いかな?との
              感じを抱いたのです。それも個性かも?と。

              地力が付いて、押し返して勝つのが当たり前になったとき、豊真将の
              相撲の評価は変わるでしょう。それで良ければ、良いのでは。

              最近、力士も評論家も立合いを重視し過ぎるような気がします。
              もちろん大切です。でも何か、引っ掛かるものがありました。

              「立合いがほぼ全てを決めますよね」、とインタビューで語っていた
              のは、立合いにいつも迷いのある力士でした。立合いを何種類も持た
              ないで立っていれば、大関にもなっただろうという力士でした。

              豊真将が今の相撲で番付を上げて、やがて地力が付けば立合いの威力
              も自然に増すでしょうし、足も出るようになるはずです。

              それにしても相変わらず、左四つの相手に左を差されたとき、右から
              攻めるときの右足のスムーズな運びは見事です。むしろ右四つのとき
              よりも良いのではという印象です。

              以前に普天王、今場所も栃乃洋といったガチガチの左四つの力士に
              左を差されたのに圧倒した相撲を見せました。

              その辺りにも、豊真将の可能性とスケールの大きさは感じます。
              三役以上を目指せる可能性を・・・。

              前にも書いたかもしませんが、武蔵丸を思い起こさせます。

              大関時代、左四つだった武蔵丸は貴乃花に歯が立ちませんでしたが、
              右四つで、かいなの返しを覚えてから横綱に昇進した後、貴乃花には
              本割で6戦無敗でした。

              唯一の敗戦が、あの「感動した」の優勝決定戦だったと記憶して
              います。豊真将の可能性を強く感じるのは、そこにもあります。

              にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。








              大相撲九州場所、豊真将、開き直りを見せてくれ

              0
                大相撲九州場所も中盤戦、6日目の相撲で豊真将が気になりました。
                過去のメールマガジンやこのブログでも、登場頻度が高かった豊真将
                ですが、その復活が期待される九州場所です。

                6日目の玉乃島戦、良い流れの相撲だったのですが、攻め切れません
                でした。

                最近ではお決まりになっているような、右足を引いた防御の体勢。
                豊真将は攻められてから、攻め返す相撲が定番になっています。

                以前にも書きましたが、元来右四つの豊真将が右のおっつけ、或いは
                右を浅く引き付けて寄るときの体勢は、見事なものがあります。

                右から攻めるのですから、いつもは引いている右足を寄せなければ
                なりません。そのため寄り身が別人のようになります。

                玉乃島戦では左差し右おっつけで、良い体勢になりました。このまま
                攻め切れれば、きっかけになるのではと見ていましたが・・・。

                確かに玉乃島は重い力士でしょうが、腰を寄せて攻めきってほしかった
                相撲でした。腰を引いたままでジワジワと攻め、相手は嫌がるように寄り
                切られる、このパターンだけでは復活は望めません。

                かつて師匠の錣山親方は、豊真将が幕下当時「豊真将のケツのでかさを
                見たら、ビックリするよ」と語っていました。

                腰からガンガン相手にぶつけていく、開き直ったような相撲を豊真将なら
                取れると思います。

                若手力士7人のサムライという言葉を、舞の海も最近使わなくなりました。
                前頭15枚目、開き直るチャンスでもあるはずです。

                にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。






                普天王戦の相撲に大きな可能性を感じた豊真将

                0
                  新入幕から2年が経ち、豊真将も27歳になりました。
                  三役に定着している安馬・琴奨菊・稀勢の里といった、かつての?ライバル
                  たちに、今のところ完全に水を開けられています。

                  薬が合わなかったとかで、崩していた体調は戻ってきたようですが、上位で
                  活躍していた頃の勢いは、まだ戻っていません。

                  豊真将の腰の構えは栃東に似ていると、よく言われます。
                  しかし夏場所、その栃東の師匠、先代栃東の玉ノ井親方がテレビの解説で
                  「豊真将は右足を引いているからダメだ」と語っていました。

                  玉ノ井親方は現役当時から、その抜群の分析力で知られていました。
                  他の力士が出掛けても、遊びには行かず "大相撲ダイジェスト" を見て研究
                  していました。ちなみにアダ名は「留守番」。

                  私も玉ノ井親方の分析の通りだと思います。そして右足が "攻撃的" になっ
                  たときの豊真将は見違える強さを発揮します。

                  それが現われていたのが11日目の普天王戦、左四つの普天王に対して
                  右上手を引き付けて圧倒した豊真将。普天王が抵抗さえ出来なかった、意外
                  なほどの強さ、そして攻撃的な右足の動き。

                  左四つで右上手を引き付ける型になれば、自然と右足は攻撃的な動きをする
                  ことになります。しかし豊真将は根が右四つです。

                  もう1年近く前「天下泰平記」で、右四つ得意なのに左差し右おっつけの型
                  になったときの方が、腰の構えが決まっている豊真将のことを書いたことが
                  ありました。そう言えば豊真将は最近、右と左どっちが得意なのでしょう。

                  翌12日目の栃ノ心戦では、得意の右四つで寄り立てましたが、見事に
                  打っ棄られました。北の富士さんが何度も「キレイだなあ」と唸っていた
                  美しい打っ棄りでした。

                  キツイ言い方をすれば、自分の型がどっちというよりも、先制攻撃で自分の
                  型にもっていく相撲が少なく、受けた後から相撲が始まるというきらいがあり
                  そのため豊真将は右か左か、という部分の印象が薄くなっているような気が
                  します。

                  言うまでもなく、足を引く(腰を引く)ことを克服して、夏場所に飛躍したの
                  が琴欧洲です。豊真将にも同様の飛躍を期待したいところです。

                  おっつけとハズ押しが豊真将の1つの型ですが、右上手の引き付けに大きな
                  可能性を感じた夏場所でした。

                  大相撲7日目〜豊真将の逆襲

                  0
                    初日が終わってから配信したメールマガジンでは、豊真将がまったく違った
                    相撲を取っています、と記しました。いよいよ豊真将の逆襲が始まったのか
                    という感じでしょうか。

                    今年の初め、初夢として豊真将ー若麒麟を上げました。若麒麟の張り手に
                    火が点いた豊真将が大逆襲、インタビューで荒れ放題というストーリー。
                    (もちろん本当に初夢で見たわけではありません。念のため)

                    しかし先場所、実際に若麒麟の張り手に耐えた豊真将は、インタビューで
                    「辛抱」と答えました。豊真将の上から"豊真将"とマジックでなぞったような
                    いかにも豊真将という答えでした。

                    それが今場所初日の相撲、正直なところ "そうか、その手があったのか" と
                    思わず "なるほど" と唸りました。今まで低い体勢で守りを堅め、しかし一気
                    に弾けるところがなかったのが豊真将の相撲。

                    そこを打開するのは "怒り" あるいは "荒々しさ" などと考えていたのですが、
                    巨漢の市原に対してがっぷり胸を合わせて攻める、これがニュー豊真将の答え。
                    まさに意外な "この手がありました" といったところです。

                    腰を引いて構える力士から、腰をぶつけていく力士へ。180度とまでは
                    いかなくても、120度ばかり転換したスタイルへモデルチェンジです。

                    そこには体調が良いこと以上に、精神面の変化もあるでしょう。

                    ご存知の通り、学生相撲で空白期間がある豊真将は、年齢以上に相撲年齢は
                    若いと思います。あくまでも安馬や稀勢の里のライバルです。現在の番付で
                    どうのこうの言う力士ではありません。

                    右四つ力士として登場したのに、左四つのときの腰の構えの方が良いという
                    不思議な力士。まだ相撲が固まっていないということは、つまりは発展途上
                    の余地を充分に残している力士とも言えるでしょう。

                    さて今日の相手は若麒麟、はたして張り手は浴びたのか?今日は大相撲中継
                    を見られなかったので、深夜の放送で後ほど見ます。そして終盤にまた豊真将
                    で何か書きたい(優勝争い等々で)と思っている今日この頃です。

                    暴れてほしい、豊真将

                    0
                      春場所の番付が発表されました。安馬・琴奨菊・稀勢の里の大関争い、
                      鶴竜と若ノ鵬の上位挑戦に巻き返しを図る豊ノ島・把瑠都・豪栄道。

                      幕内下位と十両も若手力士が目白押しという状況です。
                      豊響・栃煌山・市原・若麒麟に新入幕の境沢が並び、十両には保志光・栃ノ心
                      玉鷲、そして新十両の土佐豊。

                      この若手力士の中で最年長の豊真将が気になります。
                      前頭の筆頭から、アッという間の幕尻近くです。これだけ番付の前後を
                      若い力士で囲まれると、ちょっと目立たなくなりそうです。

                      番付を上げていった頃の豊真将には、ある不安を感じていました。
                      それはあまりにも筋肉を張り過ぎていて、特に足の肉離れなどを起こさ
                      ないかという心配でした。

                      ここ数場所、少し萎んでしまったといわれる豊真将ですが、今の体が無理の
                      ない範囲かなとも思います。ただ、ケガが原因で萎んだのかもしれませんが。

                      おっつけて、凌いでから反撃するスタイルは栃東を思わせましたが、
                      最近はおっつけるときに脇が甘く、力強さが感じられません。

                      もっと相撲に荒々しさを出してほしいですね、多少相撲が崩れても。
                      突っ張って肩透かし、また突っ張って肩透かしといった、かつての竜虎の
                      ような思い切った相撲が1つのイメージです。

                      開放感といえば良いでしょうか。何かを突き抜けるような精神面の変化が
                      必要だと感じます。りっぱな体と真面目な性格、そして師匠にも恵まれて
                      います。期待の大きさは変わりません。

                      個人的には引き落としは嫌いですが、肩透かしや思い切りの良い突き落とし
                      などは好きです。張り手も意識的なものは嫌いですが、思わず出るのは好き
                      です。豊真将の張り手、見てみたいですねえ。

                      1つ言えることは、豊真将が上位で活躍していないと土俵の盛り上がりが
                      物足りないものになるのは間違いということです。

                      豊真将、復活なるか

                      0
                        初稽古も始まったようです。
                        いよいよ初場所へ向け、雰囲気も盛り上がってきました。

                        安馬の大関挑戦を初め若手力士に注目が集まる中、先場所大負けした
                        豊真将は一人蚊帳の外という感じです。

                        確か九州場所が始まる前、豊真将は「相撲を変えなければ」、という
                        ようなことを話していました。その試行錯誤とケガが重なり大負けに
                        つながったのでしょう。

                        豊真将は昨年も途中で一度、少しだけですが相撲を変えています。
                        左前ミツと右ハズを中心とした攻めから、左は差し込み右でおっつける
                        微妙な変化を見せましたが、その型は固まりませんでした。

                        相撲誌などを読むと、相撲が生真面目すぎる(性格も含め)といった
                        類の批評が多いように感じますが、それは豊真将の個性であって、
                        変えられないでしょう。

                        どんな相撲にしようとしているのか、期待と不安の両方がありますが、
                        以前右おっつけで攻めるようになったとき、(後ろから見て右肩が上がる
                        形が、下がる形になったとき)腰の備えの良さが光った見事な相撲が何番
                        か見られました。

                        野球でいえば、オーバースローからアンダースローに変えて大投手に
                        なった選手が数多くいます。その人の身体的特徴に合った筋肉の使い方
                        で結果は大きく違ってくるものです。

                        「どんな相撲かは頭の中にありますが、今は秘密です」と先場所前に
                        語っていた豊真将。ケガもあって秘密のままになっている、その頭の中に
                        ある相撲を、初場所は見せてもらいたいところです。

                        一つ注文があるとすれば、あの足を前後に開いて前傾姿勢を取る豊真将
                        の独特のスタイルです。

                        かつて貴乃花も相手の突き押しを防ぐため、足を前後に開いて守る姿勢
                        を取っていましたが、貴乃花には上半身と下半身にねじれがあって、足
                        は前後でも上半身は正対し、常に相手に圧力をかけていました。

                        豊真将の体勢にはねじれが無いため、むしろ半身に近いものです。
                        そのため圧力が足りず、攻め返すときに相手との距離ができて、引き技
                        を食いやすいという気がしますが。

                        ピンチをチャンスに変えられるか、豊真将の初場所に期待します。

                        | 1/1PAGES |