一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

以前、“大相撲この力士この技〜押しの大受”で書いた、元大関大受(現朝日山親方)は、往年の名解説者玉の海梅吉さんに「土の匂いのする力士」と形容されました。

今の力士の中で、最も “土の匂い”がするのは、やはり豊真将でしょう。

前回の記事で、豊真将の押しがリズミカルになったと書きましたが、特に右足の運びが目立って良くなっていますね。

かつて大受も、押しの足の運びが素晴らしく、それ故めったに前に落ちることがありませんでした。

だからこそ、押し一本で大関に昇進したわけですが・・・。

あの足の運び、前に落ちなかった押しは、ぶつかり稽古が充分だったことが、想像に難くありません。

首根っこを捕まれ、引きずれ回され、転がされる。まさに「土の匂いする力士」は言い得て妙だったというわけです。

押し相撲というと、横綱まで昇りつめた北勝海もいますが、若手の頃は、前ミツを引いての技能相撲の力士で、小錦を下手投げで転がしたりしていました。

万能型だったので横綱を張れたわけですが、押しが強くなったのは、千代の富士との猛稽古に耐えたからです。

やはり、北勝海からも強烈な “土の匂い”がします。

豊真将も、いよいよ三役です。さらに土の匂いをさせて、押しに磨きを掛けてほしいですね。大関候補と呼ばれるためにも・・・。


にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
 


大相撲秋場所初日把瑠都戦は、今までに見たことの無い豊真将の相撲でした。
左差し右おっつけでの、豊真将独特の押しの型(実際は本来右四つですが)は
今まで通りでしたが、その押し方は今までとは全く別物でした。

これまでの豊真将の押しは、言葉で表現すると何と言うかモサモサとしたもの
でした。しかし把瑠都戦では、腰やヒザに柔らか味があり、弾力のある押しで
把瑠都の巨体を圧倒しました。

例えはピッタリではないかも知れませんが、古くはモハメド・アリを破ったこと
もあるジョー・フレイジャー、近くではマイク・タイソン(これも少し古いですが)
のような、攻撃型のボクサーが相手に迫る時のような、そんなイメージです。

同じ圧力でモサッと押していく従来の型は、相手にとっても引き技を決めやす
かったと思います。秋場所での弾力のある押しは相手も嫌でしょうし、豊真将
にとっても重心が前に突っ込まず、腰の構えも安定していました。

もちろん何度も引き技に苦杯を舐め、故障を乗り越えて稽古を重ねたすえで
身に付けたものでしょう。

この相撲なら、以前のように前に落ちないだろうと思わせ、実際に前に落ちる
ことは無く10勝5敗、見事念願の三役を確実にしました。ジワジワとだがバネ
のあるリズミカルと言っても良い押し相撲。

似た押し相撲の力士を探そうと記憶を手繰っても、思い浮かびません。

と良いことばかり書いてきましたが、琴奨菊戦では消極的な相撲、元来右四つ
ながら鶴竜に右四つで巧さ負け。白鵬にも歯が立たずと、負け方が悪く、二桁
勝っても、大関候補と呼ばれるところまで来ていないという印象です。

ところで「一つで大関、二つで横綱」という言葉があります。秋場所の相撲を
磨けば、「一つ」を持った力士つまり、大関候補と呼べるでしょう。

かつて「桜色の音楽」と謳われた、照国という横綱がいました。相手を真綿の
布団で包み込み様な寄りが音楽的で美しかったので、そう形容されました。

豊真将の押しもリズミカルで音楽的だったとは、ちょっと言い過ぎかもしれ
ませんが・・・。

琴奨菊にしろ稀勢の里にしろ、相撲内容が大きく変わったと感じた場所があり
ました。とにかく豊真将は、秋場所で大きく変わったのは間違いありません。

豊真将が「一つ」の型を本当にモノにしているか、そして大関挑戦へのチャンス
を掴めるか・・・、九州場所に注目です。


にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。 
 

それでも豊真将に期待します〜2007年6月12日の
天下泰平記の記事です。本文は・・・こちら

あれから2年半の月日が経ちました。ケガの影響もあり、
当時記した、大関候補という呼び声は萎んだままです。

その1ヵ月後の7月17日には、豊真将左差し右おっつけの
威力
、という記事も書きました。本文は・・・こちら

1ヶ月ちょっとの間に2回も書いていますので、2年前の
豊真将への期待感は、我ながら半端じゃなかったようです。

7月17日の記事の右おっつけは、言うまでも無く、例の
下げた足を前に出すことにより可能になります。

このときに期待した攻撃的な相撲は、なかなか見られません。

足を前後に開いた体勢も、正面からの攻撃には対処しても
横からの攻めには弱さを見せます。

いつか、攻め一辺倒の相撲を見てみたいと・・・考え始めて
2年半ですね。


にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッ
お願いします。



さて、久方振りに豊真将です。名古屋場所で印象に残ったのは猛虎浪戦、
攻め急いで逆転負けした相撲です。

解説の舞の海が「一旦止まるべきだった」と言い、向正面の立田川親方も
それに同意見でした。

もちろん、一旦止まってから攻めるということは普通に考えても、物理的
にエネルギーが要ることですので、言うほど簡単なことではないしょう。

しかしそこで考えるのは、豊真将の例の、大きく前後に足を開く守備的な
体勢と通じる部分があるのでは、ということです。

あそこで一歩出せないところと、猛虎浪戦で止まれなかったところは
同じ意味合いと思わせます。それは豊真将の相撲に滲み出る“人の良さ”
からくるイメージもあるかもしれませんが・・・。

ここが変わらないと、豊真将は「大関候補」と呼ぶよりも「花形力士」と
呼ばれるのがふさわしい力士となるでしょう。

それでも幕内下位にいるときの豊真将には、勝ったときには「さすがに
強い」と、そして敗れたときには「勝てた相撲だったのにな」という印象
が常にあるように思います。

期待の裏返しというよりも、実際にそう感じるのです。

そう感じられる間は、まだまだ豊真将は「大関候補」です。


にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。



大相撲春場所は、千秋楽を待たずに白鵬の優勝が決まりました。
それは、ちょっと置いといて豊真将のお話を。

今日14日目は反則勝ちで11勝目を上げた豊真将、今場所の勝ち方
は、お得意の一旦攻め込まれてから押し返す取口です。

過去、何度と無く豊真将のこの取口について書いてきましたが、
もうそろそろ良いかなと思えます。

理由はこの豊真将の相撲が、完全に豊真将の個性だと言えるものだと
感じられるようになったからです。

ある力士の理想像を描いて、こんな相撲あんな相撲を取ってほしい
と書くことがありますが、結局は稽古の積み重ねが土俵に出るわけで、
それがその力士のベストであることは間違いありません。

豊真将の相撲は大向う受けする派手さはありませんが、それが今まで
積み重ねたものであり、また豊真将の人間性まで感じる(どんな稽古を
してきたか)、今日この頃ですね。

学生相撲中退ということで、実年齢よりも相撲年齢に若さがあると
私は考えています。把瑠都・豪栄道・鶴竜・稀勢の里といったところと
同じグループで出世争いを出来る若さがあるとさえ思っています。

来場所、上位での相撲が今から楽しみです。

にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。




PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM