リンク


*タイヘイ紙相撲*

⇒紙相撲ダウンロード

⇒土俵のダウンロード
作者タイヘイ (私です)

サイト内検索

mobile

qrcode
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ブログ著者

others

把瑠都、あぁ把瑠都、お疲れ様、そして、ありがとう

0
    把瑠都が引退しました。
    大相撲は2ヶ月に1回、必ず開催されます。休場したら番付が下がるのです。当たり前と思っていたことですが、やはり厳しいものです。

    他の格闘技ならば、ケガを理由にタイトルマッチは延期されるでしょう。プロ野球でも、一流選手ならば1年間ぐらいなら、多少給料は下がってもケガの治療に専念できるでしょう。

    大相撲は、そうはいきません。幕下に落ちれば無給。2ヶ月に1回、必ず番付が下がるわけです。相撲甚句の侘しさは、そんな大相撲の厳しさと背中合わせのような気がします。

    豪快無比、このブログでは吊り出しが見られなくなった昨今の土俵を嘆いていましたが、最大の使い手が消えました。その寂しさは、言葉に出来ません。

    しかし、これが大相撲です。ボクシングはグローブが大きくなりました。プロレスはマットが柔らかくなりました。大相撲は、何も変わっていません。だからこその、大相撲だと思います。誇りにして良いと思います。

    今は、あの相手にとっては絶望的な吊り出しを見せた、把瑠都の雄姿を、瞼に焼き付けていたいと・・・。お疲れ様でした。そして、ありがとう。

     

    把瑠都、大関復帰ならずも・・・名寄岩も魁傑も大スターとなりました&魁傑は定年です

    0
      魁傑の放駒親方も定年です。「私は、チョンマゲをつけているから魁傑ということで、皆から立てられています。しかし私は土俵の外では30歳の、西森というただの青二才です。それを忘れてはならないと思います」という現役引退時の言葉で分かるように、誠実な土俵態度と真っ向勝負の相撲で、貴ノ花と人気を二分した力士でした。

      大関陥落場所で10勝を上げられないながら、その後大関に復活した力士としても有名です。

      戦後の大相撲で、10勝の特例ではなく(当時は、そういう制度はありませんでしたが)大関に返り咲いた、もう一人の力士が名寄岩です。戦後、大相撲の復興にもっとも貢献した、まさに大スター力士で、映画化もされました。

      二人の名力士は、大関に返り咲いた後、大相撲ファンの深い思い入れの中、「超」のつく人気力士となりました。

      さて把瑠都、時間が多少掛かっても、必ず大関に返り咲いて欲しい、「欲しい」というより返り咲くべき力士です。

      それにしても、敗戦の後に微かに笑みを浮かべるようにして引き揚げる把瑠都に「闘志不足」などと記事を書くプロの記者の感性とは、どんなものなのでしょうか。某一般紙、そんな新聞を何十年も取っているのは、私ですが・・・。

      ひと昔、ふた昔前とは外科技術のレベルも違うでしょう。豪快な吊り出しを、もっと見たいですね。初場所に大関復帰を逃したからこそ、思い入れの強い人気力士へ、大相撲の歴史はその可能性を示唆しています。


      にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。


       

      把瑠都の吊り出しで見過ごせない場面がありました&豪風の立合いの変化に対する反応も

      0
        大相撲 春場所、注目はやっぱり把瑠都です。
        二日目は、豪快な吊り出しを決めました。吊り出しを見ると、昭和の大相撲ファンにとっては嬉しいし、若いファンにとっては見られる機会が少ない決まり手で、どちらにしろ見応えがありました。

        残念なのは吊られた嘉風。荷物じゃないんだから・・・。あそこは足をバタつかせて、最後まで抵抗するのが大相撲の力士のはずです。土俵を割るまでは、勝負を捨てないでほしい。

        あの場面、テレビの解説者・アナウンサーも指摘しないといけないと思いますよ。そして足を激しくバタつかせることで、あの吊り出しは決まり手として、もっと美しく映ったでしょう。

        何度も書いて食傷気味かもしれませんが、立合いの変化うんぬんの前に、プロとして大相撲ファンを喜ばせる部分でもあります。

        さて立合いの変化と言えば、初日の豪風。先場所の把瑠都の変化が、綱獲りと絡んで目立ったためか、過度に注目された感じです。変な雰囲気になりましたね。

        しかし、あの変化が悪いなんてことになると、千代の国にとっても、良くないですよ。本当に立合いの変化を責めると、重量級力士が、それこそ前に落ちるのも構わず、突っ込むだけの相撲になります。

        結局、攻防のある、いわゆる「大相撲」が減るだけです。今のNHKのアナウンサーも「大相撲になりました」と、興奮気味に語った経験は無いかもしれませんね。冷静な口調で「今の相撲は攻防がありました」ってのとは違いますから。

        今の立合いの変化に対する批判は、勘違いが生んだ大相撲への“共同幻想”に対する「迎合」を感じます。正々堂々の履き違えと言ってもいいでしょう。

        先日「天下泰平記」でプロレスと紅白歌合戦に触れましたが、両者が勢いを失った大きな原因は、ファンへの“迎合”です。

        良い傾向では無いですね。


        にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。


        把瑠都の綱獲りと横綱審議委員会の品格うんぬん

        0
          大相撲初場所は把瑠都が初優勝、春場所に綱獲りが掛かります。

          把瑠都の、体格に頼りすぎた粗い相撲という言説に対して、今一度言いたいのですが、そう見えるのは把瑠都が、体格を生かした相撲を取れているからです。

          逆に、把瑠都の巨体が小さく見えるような相撲なら、むしろ危険信号でしょう。

          琴奨菊戦を見ても、分かると思います。琴奨菊に良い形になられても、下手を引くまで我慢し、下手を引いてからも、琴奨菊の寄り身に合わせた絶妙のタイミングの吊りで勝機を掴みました。

          体格を生かした相撲も、そんな簡単なものじゃないわけで、技術です。

          突っ張りに進境著しいと言われていますが、以前に琴欧洲が「本当に、突っ張りは難しい」と語っていて、突っ張りも、そう簡単に覚えられるものじゃありません。

          さて把瑠都の綱獲りに関して、横綱審議委員会が例の立合いの変化も含めて、まだ品格が足りないと発言しているとのこと。

          把瑠都の持っている “明るさ” “軽さ” に対して横綱の品格のイメージではない、ということでしたら、それは見当違いです。

          かつての、朝潮・柏戸ですよ。
          強い朝潮と弱い朝潮が同居してると言われた、筋骨隆々で胸毛ぼうぼう、眉毛ゲジゲジだった朝潮。

          序盤で取りこぼすのに、大横綱大鵬には互角の戦いを演じた柏戸。朝潮と柏戸にあった豪快さと開放感。それもまた、一つの横綱のイメージです。

          気は優しくて力持ち。ファンの女学生と話す姿から“朝潮童貞説”などというのが、天下の横綱相手に流れていたんですから・・・。

          色んな意味で、把瑠都への期待は大きいです。

          品格という言葉のイメージに、引きずられてしまわないように、横審も気をつけてほしいと思う、今日この頃でございます。


          にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。



          把瑠都・稀勢の里の活躍と、アホな記者やアナウンサーに解説者

          0
            把瑠都が優勝争いのトップに立ちました。

            大晦日に配信した天下泰平記で、把瑠都の進境著しいことと、綱獲りの可能性について言及しました。いよいよという感じです。

            新聞を読んでいると、(スポーツ紙は読みませんので、一般紙のスポーツ欄ですが) 「体格任せの粗い相撲」「課題だらけ」などと、アホな論評が並んでおります。

            体格の良い力士が、体格を生かした相撲を取るのは理に適っています。白鵬のようなキレイな四つ身だけが相撲じゃありません。体に合わない無理な相撲は、必ず無理が来ます。琴欧洲が遠回りしてるのが良い例です。

            このブログでも、琴奨菊に廻しを切られてから引きなおす動きや、稀勢の里に上手の良い位置を引かれたときに素早く左からすくった動き、ともに体格を生かし、それを出来る反応の良さ。見事でした。

            天下泰平〜で書いたように、大関陣では頭一つ抜けたと思います。優勝争いが楽しみです。

            さて、もう一人の綱獲り候補の稀勢の里。重心が低く、左の相四つの琴奨菊戦が課題と、随分以前から書いておりますが・・・。

            強い左で琴奨菊を起こせるかと、繰り返してきまして、理想はモチロン、それですが。そりゃ、あれだけ低く来られたら、突き落としもアリでしょう。

            琴奨菊のためにも、あれで良かったと思いますよ。落ちる角度で来たら、こうなると。それが真っ当な相撲です。稀勢の里が、低い琴奨菊を起こすところに興味があっても、今日のはOKです。

            変化も考えたうえでの琴奨菊に対して、その低さに対処する稀勢の里、その相撲にこそ注目したいのです。

            それをまた 「熱戦を期待したのに、残念でした」みたいなことを言うのは、止めなさいと・・・。相撲のレベルを下げるような話になってしまいますよ。アナウンサーや解説者・新聞記者は、もっと本質を突いてください。


            にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。

             

            把瑠都に土☆それでも不思議な開放感

            0
              大相撲初場所7日目、全勝の把瑠都に土がつきました。
              とは言え、昨日が栃煌山を書きましたので、順番?から
              把瑠都について。

              今日は、誰もが目を疑った把瑠都の両手突き。廻しを引かれるのを
              心底嫌だったのは琴欧洲のはずだったのに、展開は逆になりました。

              両手突きが悪いとは言えませんが、普段しないことをして、その後の
              展開を考えていないような取口でした。

              しかし把瑠都の良いところは、負けても不思議な開放感を見る側に
              与えてくれるところです。

              負けても絵になる力士。それは、爆発的なパワーをそのうち発揮する
              だろうという、把瑠都の圧倒的な素質への信頼感と、笑みを絶やさない
              明るさから来ていると感じます。言い換えれば、スター性ですね。

              相撲内容もすっかり安定しています。常に内側に力の方向が向くような
              取口は、強引な投げを封印したために身に付いたと思われます。

              内向きの体の動きは、脇の堅さと最短距離での上手廻しにも現われて
              います。把瑠都最大の武器。

              最短距離に廻しを引けるのは、もちろん足腰の備えもあるからです。
              前傾を保ち、重心が一定していての上手廻し、それを実行できる立派な
              下半身。

              今日の相撲は何とも言いにくいのですが、把瑠都の上半身を起こす
              ことが攻略する突破口となるでしょう。それが少しずつ難しくなり始めると、
              把瑠都の大関が見えてきます。

              以前からも書いてますが、潜在能力という意味では把瑠都と豪栄道が
              若手力士の中ではトップ争いだと思います。3番手争いが、日馬富士と
              稀勢の里だと・・・。もちろん、あくまでも潜在能力ですが。


              にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。




              把瑠都の相撲の変化と大関レースへの参戦の可能性

              0
                鶴竜・把瑠都・若ノ鵬の1年後について、というコメントをいただいてから
                把瑠都だけ、まだ書いていませんでした。

                把瑠都の潜在能力からして、横綱・大関と当たらない地位では評価しづらい
                というところはありました。ただ相撲内容については、変わってきているのは
                明らかです。

                よく剛力の力士がはさみつける、という言い方をします。上手を引き付けて
                下手は引かずハズにあてがう力技、昭和30年代に活躍した剛力横綱朝潮が
                得意にしていた割り出しです。数場所前に稀勢の里が割り出しを見せたのが
                決まり手としては久々だったようです。

                春場所の把瑠都は、はさみつけるような立合いをしていました。下手を下
                から、上手を上から取りに行くようにして、相手を捕まえるような立合い
                です。朝潮がはさみつけていたのは相手の両側から、横からのものですが
                把瑠都は縦に相手をはさみつけて捕まえてしまう、あまり見たことが無い
                豪快な立合いをしていました。

                こういう立合いが出来るのも、四つ身が安定してきたことによりますが、
                やはり役力士相手に通用するかは来場所を見てみないと分かりません。

                相撲内容以上に把瑠都に感じるのは、得がたいキャラクターになってきた
                ところです。ナイトクラブの用心棒だったという苦労の経験がありながら、
                根っからの明るさは、かつての高見山を彷彿とさせます。

                充分すぎるほどの恵まれた体。覚えているのは平成17年秋場所、豊ノ島
                が十両で連勝し、久し振りで十両の全勝優勝が出るかと期待した14日目、
                対戦したのが新十両だった把瑠都。1枚目の豊ノ島に、把瑠都は14枚目。

                この一番、豊ノ島が見事な技能相撲で把瑠都を追い詰めますが、最後に
                いかにも体格の違いという勝ち方で、把瑠都が豊ノ島の全勝をストップ
                します。把瑠都を見たのはそのときが初めてでしたが、圧倒的な体格を
                利しての勝利に何となく "イヤ〜な感じ" を持った記憶があります。

                その後、ヒザのケガもあって、体格や力だけの相撲から徐々に変わって
                きた把瑠都。インタビューの受け答えを聞いていても好感が持て、以前
                に感じた "イヤ〜な" は無くなりました。

                決定的だったのは昨年の九州場所千秋楽、栃乃洋との大熱戦。相撲内容も
                見事でしたが、敢闘賞のインタビューで「向こう凄く良い相手、またやりたい」 と爽やかに語っていたのが印象的でした。

                さて1年後の予想をということでしたが、1年後というか来場所が大きな
                場所になるのは間違いありません。

                あえて1年後の把瑠都を考えれば、現在の安馬・琴奨菊・稀勢の里の大関
                レースに豪栄道とともに加わっていてほしいですね。充分に可能性はある
                はずです。

                自分の型が出来つつある若手ということでしたら、琴奨菊・安馬の順で
                しょうが、潜在能力でいけば稀勢の里・豪栄道とともに若手のトップ争い
                をする力士です。

                大関レースに参戦するには、上位相手に立合い負けをしないだけの下半身
                が備わるかどうか。

                そしてもう一つ、ぜひ吊り出しを磨いてほしい力士です。

                ということで、今回のように何かご要望がありましたらコメントを
                お送りください、お待ちしています。今回のご返事は遅くなってしまい
                ましたが・・・。

                | 1/1PAGES |