一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大相撲名古屋場所で活躍した若手力士といえば、敢闘賞を獲得した豊響が
上げられます。いつまでも幕内下位にいる力士ではありません。

豊響は "平成の猛牛" と呼ばれるため、どうしても "昭和の猛牛" 琴桜と
比較して見てしまうことがあります。

そういう目で見ると、やはり体の違いを感じます。琴桜は182センチで
150キロ、筋肉の塊のような体をしていました。

豊響は184センチ・171キロ、体は充分に張りがありますが、締まる
べきところの締まり具合が琴桜に劣ります。

そのため以前、豊響は今の体重が適正体重か?的な文章を書いたこともあり
ました。入門以来、体重が減ったことがないというのも何かで読みました。
もちろん豊響は豊響ですから、体重うんぬんはよけいなお世話でしょうが。

また琴桜はぶちかましやノド輪だけでなく、廻しを引いても吊り出しや
やぐら投げなど、壮絶な強さを見せました。

そこが大きな違いと思っていたら、10日目の栃煌山戦では廻しを引いて
勝ってしまいました。もともとは四つ相撲だった豊響が、地力を発揮した
相撲でした。

琴桜は柔道出身で、若手の頃は投げてばかり。そのためにケガが多く、
師匠に徹底的に押しをやらせられたようです。地力が付いてからは組む
ようになり、横綱時代は投げよりも吊りや寄りの方のイメージです。

豊響も同じ成長過程を通っているのかもしれません。ただ琴桜は、実は
若手の頃から四つ相撲も結構取っています。決まり手も決して押し出しが
目立って多かったわけではないのです。

それでもぶちかましキングと呼ばれたのは、ぶちかましやノド輪を強烈に
印象付けたからでしょう。正面から受けた横綱柏戸の胸が、真っ赤になった
ことがありました。

さて豊響は、まだ自己最高位は前頭6枚目、横綱・大関と当たる地位に
なったことはありません。若手の頃から大物喰いだった琴桜に、この点も
似てほしいと思います。

12日目の木村山戦、左からの強烈なおっつけを持つ相手に対して、右の
ノド輪が跳ね上げられるのではと見ていましたが、ノド輪は出さずハズで
いきました。この辺の相手とは格が違う、とさえ思えました。

また左のおっつけも、かなり低い位置から押せるようになっています。
今度こそ上昇気流に乗ってもらいたいところです。とにかく、早く上位に
当たるところまで来てもらわないと面白くありません。

最近の突っ張り合いは、引きと叩きがセットのようになっていて、ボクシ
ングのジャブの応酬からヒットアンドアウェー戦法を見ているようです。

豊響のような本格押し相撲、本当に久し振りの登場です。

大相撲夏場所、勝ち越したとはいえ8勝7敗、15枚目という位置を考えれ
ば、決して満足出来る成績ではなかった豊響。

場所前に "豊響は上位にいるべき力士です" で書きましたが、爪先立ちに
なるほどの無理なノド輪は見られず、ハズ押しとおっつけで相手を下から押し
上げる、期待したものに近い相撲内容でした。

じわじわと押していく相撲で快調に迎えた8日目、嘉風の変化に対して
凄い形相で反撃しましたが、このときの押しが夏場所で初めて見る大振り
の突っ張りで、それも巧くはぐらかされました。

この嘉風戦の黒星からまさかの5連敗、ムキになって上半身主導で押し込む
豊響の悪い面が出てしまいました。

しかし場所を通して、春場所以前と比べると小刻みな押しに徹していたと
思います。"平成の猛牛" のアダ名を意識しない相撲内容でした。

場所中 "土俵を引き締めてほしい豊響" の中で、"猛牛"よりも"コッテ牛"と
書きましたが、コッテ牛とは人の言うことを聞かないで暴れる牛、頑固な牛と
いう意味らしいです。

相手が嫌がる、じわじわとした押しに徹する姿はコッテ牛という感じです。
「大関を狙うならば、廻しを引いての相撲も身に付けてほしい」との舞の海
の解説は、ぶちかましからノド輪、廻しを引けば豪快な吊りとやぐら投げの
昭和の猛牛琴桜のイメージかもしれません。

夏場所の豊響の相撲は、25年前に史上初の三賞独占、翌場所大関に昇進
した押しの大関大受の朝日山親方の押しの型に、少し似てきました。

古傷の悪化により両肩から両手先までしびれて、大関在位5場所に終わった
悲劇の大関でしたが、広い肩幅を利して、じわじわと押しまくった三賞独占の
場所の押し相撲は見事でした。

体型と押しの型、そして引き技を見せないところは似ていますが、大受は
いなしが巧く、前に落ちにくい力士でした。

そこを磨けば、豊響も大関候補と呼ばれる存在になるでしょう。8勝7敗
と大勝ちではありませんでしたが、相撲内容は来場所以降に期待できる
ものでした。

まずは横綱・大関と当たる位置まで、番付を早く上げてもらいたいところです。

率直な話、今場所は淡白な相撲が何時にも増して、多いような気がします。
突き落とし、叩き込みが決まるのを悪く言うつもりはありません。

ただ、それが最初の仕掛けで決まってしまうのは淋しいものです。
押し合いから、いなし合いという展開のすえの引き技なら納得しますが。
死力を尽くした攻防の末なら、前に落ちても説得力があります。

何度も書いていますが、私は基本的には決められる方が悪いという姿勢
です。そう言わないと、相撲が変質してしまうからです。1度引かれても、
残す足腰を持っていてほしいと思います。

もちろん淡白な相撲は、引く力士が最初にきっかけを作っているわけです
から、あまりに目に余れば気持ちも変わりそうですけど。

さて良い話題、引かない力士豊響が頑張っています。先週 "期待の若手力士"
のコーナーで 今場所は豊響に期待する という内容で書きましたが、その期待
どおりの押し相撲が出ています。

自分の体が伸び切らない範囲で押しています。ノド輪を出しても、無理な
体勢になりそうなところでハズ押しに切り替え、おっつけでフォローして
います。

派手さはありませんが、豊響にもっとも合った押し相撲を見せています。
"平成の猛牛"の派手で豪快なイメージとは少し違いますが、豊響に向いて
いれば、"猛牛" ではなく "コッテ牛" で良いと思います。

今の押す位置と腰の位置なら、そう簡単には引き技は食わないでしょう。
淡白な今場所の土俵を引き締めてほしい、豊響です。

日本人力士7人のサムライ、その中で4場所連続負け越しと、厳しい状況
なのが豊響です。体調も万全ではないと思われますが、夏場所は踏ん張っ
てほしいところです。

押し相撲の力士の中で引き技をめったに見せない豊響は、最近では珍しい
力士。真摯な土俵態度も含めて、人気が出て当然の相撲内容は、個性派と
して幕内上位で活躍していてもらいたい力士の筆頭です。

仕切り線から下がっての、思い切りの良いぶちかましが十八番ですが、
力が入りすぎて、相手に圧力が充分に伝わっていないと感じるときが
あります。

また、ここ数場所は似たような負け方が多いのも気になります。ノド輪
で攻め込みながら、そこを堪えられてからの横からや下からの反撃に
あっての逆転負けが多いようです。

そのノド輪は強烈ですが、あと一歩の詰めという段階で腰が伸び、足も
爪先立ちという状態が多く見られます。ぶちかまし同様、せっかくの圧力
が伝わり切れていない相撲も多くなっています。

"平成の猛牛" のキャッチフレーズは格好良いのですが、当たって一気に
持っていく意識が強過ぎるのではないでしょうか。

豊響の動きを見ていると相手にもよりますが、一気に持っていこうとする
よりも、じわじわとモコモコと押してほしいと思うことがあります。ノド輪は
よく出しますが、左ハズと右おっつけで泥臭く相手を追い詰める相撲は
あまり見ません。

猛牛的な派手さはなくとも、"平成版、土の匂いのする力士"的な、下から
下からと一歩一歩押し込む相撲、豊響の体でモコモコと来られたら、相手
は嫌がるでしょう。

また、引きは少ないけれど、いなしも少ないのは、押し相撲として物足り
ない部分です。いなしは必要です。いなしが少ないのは、攻めが相手の
上体が中心になっているのも一因ではないでしょうか。

突っ張りと叩きが多い土俵で、豊響は本当に貴重な存在です。その素質から
も、幕尻当たりでうろうろする力士ではありません。

ベストの体調で、常に横綱・大関と当たる位置にいてほしい、豊響は
そんな力士です。

大相撲初場所が迫ってきました。

安馬・琴奨菊・稀勢の里・豊ノ島・豪栄道と、若手力士が先場所揃って
勝ち越し、全員が上位に挑む場所となります。

そんな中で、先場所7勝4敗から4連敗し無念の負け越しをした力士が
います。平成の猛牛、豊響です。最近では珍しい押し一筋の力士として
期待されています。

期待される理由は明快です。

近年の力士は圧倒的に突きの力士が多く、それも叩きと引きがセットで
ついてきます。体が密着する押し相撲ならば、いなしはあっても相手との
距離がないため叩きこみや引き落としで、あっさりと勝負が決まることも
少なく、熱戦が期待出来ます。

実際に豊響は熱戦をしばしば見せてくれます。

さて昭和の猛牛、昨年亡くなられた元横綱琴桜の相撲はどうだったか。

琴桜も強烈なぶちかましとノド輪で恐れられた力士でした。ノド輪の時の
必死の形相は、豊響とイメージがダブります。

ひとつ違うのは、琴桜は元は投げ中心の力士で、そのためのケガが多く、
それで押しに徹したという経緯がありました。上位に行くほどに、押し込んで
からの豪快な投げや吊りも生かされるようになりました。

もちろん琴桜は横綱にまでなった力士ですから、単純な比較は出来ません
し、豊響に四つでも強くなってほしいとは望みませんが。

ただ体の面は比較しても良いと思います。

上半身は琴桜と豊響は似ていますが、下半身が似ていません。琴桜は
腰から大腿部、ヒザから足首へと締まるべきところが締まり、がっちりした
下半身はメリハリのある肉の付き方をしていました。

豊響の下半身が、琴桜のようなメリハリが付けば、押し相撲にさらに
鋭さが増すでしょう。

同年代のライバルがひしめく平成20年の土俵に、強烈なぶちかましの
音を響かせてほしいものです。
(豊響の響きとかけてます)


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM