一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

土佐豊が帰ってきます。本当に久しぶりの土佐豊の記事です。

もう5年前に「今、昭和の匂いがする力士」として日馬富士・鶴竜と土佐豊の3人を挙げました。当時、日馬富士は大関に上がったばかり、鶴竜は新三役の年、そして土佐豊は新入幕の年でした。

その日馬富士と鶴竜も、今では横綱。その頃の土佐豊の5年後のイメージは、荒業を使う三役の常連という感じでしたね。

当時は豪栄道とともに土佐豊の記事も頻繁に書いていて、内容も似ていました。豪栄道にも土佐豊にも、頭を付けるような小さい相撲を取ってほしくない、と書いていました。「頭を付ける必要があるときだけ、付ければ良い」と。

数少ない吊り出し、打棄りの使い手。本当に楽しみです。吊り出しと打棄りが見れれば「大相撲は大丈夫だ」と思ってしまう、昭和の大相撲ファンの私。豪栄道・遠藤とガチガチのがっぷり四つ、見てみたいですね。

もう一人の使い手、栃ノ心も近いうちに戻ってきそうです。遠藤・大砂嵐と、これもガチガチの四つ相撲を見たいなぁ。

久々に土佐豊です。



一昨年の9月のブログ“今の相撲でやってみます、土佐豊の良い言葉”
から結構時間は経ちましたが、その言葉通りの相撲を取っている土佐豊。
ウレシイですね。

相変わらず、土佐豊に頭を付けさせたがっているNHKアナウンサー
諸氏や解説者の親方もいらっしゃいますが、頭を付けなければならない
相手の時にだけ、付ければ良いのです。

春場所は上位陣に当たるか当たらないか微妙な番付ですが、
もし当たっても“今の相撲でやってみます”で、やって欲しい
ですね。楽しみです。

土佐豊と同じように期待していた豪栄道、強い強くないは抜きにして
相撲は完全に変わりました。立合いの当たりは少し良くなりましたが、
スケールは小さくなりました。巧さは随所に見せますが、確実に言える
のは廻しの引き付けが足りません。横に振ることと両差しになることが
優先している相撲には、かつて本格派四つ相撲を期待した面影は見られ
ません。まだ少し期待は残ってますが・・・。

むしろ隠岐の海への期待が強くなっています。土佐豊と隠岐の海、
この二人が三役の常連になれば、私のような古臭い大相撲ファンは
大喜びします。

これに豊真将が一皮剥ければ、さらに面白いでしょうね。さらに古臭い
栃ノ心も右肩を治して・・・。稀勢の里と豪栄道も刺激を受けて・・・。
豊ノ島・琴奨菊、そしてベテラン安美錦、巻き返しの豊響。

土佐豊と隠岐の海が上がってくると、土俵の風景がかなりワクワク
しそうです。


にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッ
お願いします。





大相撲秋場所は、白鵬・朝青龍の両横綱が颯爽とした相撲で
充実振りを見せています。

ところで今日は土佐豊です。このブログは改めて言うまでも無く
昭和の大相撲が記事の多くを占めていますので、昭和うんぬんと
言うと「またか」とウンザリされるかもしれませんが、書きます。

今の土俵で昭和の力士の匂いがする力士を三人上げろと言われれば、
日馬富士・鶴竜・土佐豊の三人(白鵬・朝青龍は別格として)です。

それでは一人上げろと言われれば、これは期待料込みで土佐豊を
上げたいですね。

先場所は予想通り、解説者各位から「上背が無いのだから、もっと
頭をつけた相撲を」と言われていました。

はっきり言って“頭は、つけるべき状況・相手のときにつければ良い”
と言いたいですね。理想的な右四つの型を持っていながら、初めから
頭をつけにいくのは「手段と目的のスリ替わり」です。

とにかく左上手を浅く引ければ本来の相撲になり、それだけでは厳しい
対戦相手のときに、状況を見て頭をつけにいけば良いのです。

と言うことで、初日は本来の相撲。そして2日目のベテラン垣添は、
土佐豊の成長を見るに格好の相手でした。

結果は垣添の巧さに敗れましたが、正直なところあの打っ棄りは
決まったように見えましたが・・・。

土佐豊に昭和の匂いを感じるのは、ガチガチの四つ相撲とともに
吊りや打っ棄りという、昭和に多かった決まり手の使い手でもある
からです。

審判委員には「最近打っ棄りを裁く機会が少ないので、微妙なところ
が見られなかったのでは」と、これは皮肉抜きで思います。

まして土佐豊は両廻しとも引けず、あそこからの打っ棄りは無理そうに
見えるでしょうから・・・。

しかしあの場面で“打っ棄りの勝ち〜”と勝ち名乗りを土佐豊が受けて
いたら、館内は相当盛り上がったろうなあ・・・残念!



にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。





豪栄道とともに、本格的な四つ相撲の力士として期待している
土佐豊。地道に力を付けてきていますが、初場所も後一歩で新入幕
を逃したようですね。

前に攻める相撲、速い相撲も徐々に増え始め、一つ上でやっていく
準備は出来始めています。

それにしても相変わらず土佐豊が語られるとき、力は認めるが、と
前置きをされるものの、身長の低さが必ず出てきます。

結局は“速い相撲”“両差し”というところに落ち着く解説がほとんど
です。同じ身長の力士の例でいくと、琴錦のような、でしょうか。

もちろん一理ありますし、実際に両差しの速い相撲も初場所は見られ
ました。しかし土佐豊の一番の魅力は、きっちりとした自分の型を持って
いるところです。

この型になれば確実に勝てる、それを持つのが上位力士になる、まずは
必要条件と言えるでしょう。だからこそ土佐豊には、早くから三役以上の
イメージを感じていました。

どの解説者も、両差し狙いの相撲を勧めていることには、“?”という
印象です。

突然ですが、最近回転の速い突っ張りをする力士が減ったという記事を
書きました。土佐豊なんかも突っ張りをして欲しい力士の筆頭です。

特に感じるのは、四つ相撲の力士の突っ張りが減ったことです。
自分有利の組み手に持ち込むための突っ張り、これがあまり見られ
なくなりました。

土佐豊などは、見事な右四つの型があるのですから、そこに持ち込む
ための突っ張りを身に付けたら、楽しみな力士だと思いますが・・・。

こういう個性派力士が大関候補になると、俄然土俵が活気付くはずです。

自分の相撲を貫くであろう、その頑固そうな顔付きも魅力です。

にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。



大相撲九州場所も初日が近づきました。
ニュースでは朝青龍の休場濃厚との話です。以前にも書きましたが、
とにかく出来るだけのことをやって、現在におけるベストの朝青龍と
言える状態で出場してほしい、その状態が初場所でも間に合わなければ
その次でも良いと、個人的には思います。異論があるかもしれませんが、
横綱の進退が懸かるとは、重大な話ですから。

さて九州場所、楽しみにしているのは土佐豊です。



着実に成長しながら、今場所は新入幕が見えるところまで来ました。
小さく鋭く、ガツンと当たって、前に出ながらの攻める四つ相撲の型が
出来つつあります。

早く見たいのは栃ノ心との取組です。
ともに武骨な取口、真正面から攻め込む両力士の相撲は、必ずや力相撲と
なるでしょう。

栃ノ心や土佐豊。突然に化ける力士とは、両力士のような勝つことには
器用じゃなくても、真っ向勝負するタイプだろうと思っておりますが。

九州場所で入幕を決めてほしい・・・注目しております。

にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。ポチッとお願いします。





PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM