一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

初代栃東、長谷川と大関を逃した力士の話を続けて書きましたが、
偶然にも昭和47年の初・春の優勝力士で、全盛期をやや過ぎて
からの優勝ということでも共通していました。

最盛期を充実した上位陣に跳ね返された長谷川を、最強の関脇と形容
しましたが、これに異論がある方もいるでしょう。琴錦がいるからです。

大相撲が年六場所制になって50年、過去に年間の優勝力士が各場所
すべて異なっていた年が2回あります。栃東と長谷川が優勝した昭和
47年と、もう1回は平成3年です。この年の秋場所、琴錦は前頭の
5枚目で初優勝しています。

平成3年はまさに過渡期でした。横綱千代の富士・大乃国が引退。
翌年引退する北勝海・旭富士の両横綱は春・夏にそれぞれ優勝しますが、
後半3場所は不調や休場、大関の小錦と霧島が1回ずつ優勝しています。

若貴・曙が新三役として登場するのも平成3年です。
”自分が一番強いと思っていた頃があった”と琴錦が後に語っているのは、
この頃のことでしょう。大関どころか横綱も狙えた実力者でした。

F1相撲と呼ばれましたが、その速さと巧さもさることながら、発達
した肩の筋肉も見事で、177センチ・142キロでしたが、中身の
詰まった体でした。

優勝した翌場所の九州でも、琴錦は千秋楽まで小錦と優勝を争います。
14日目に小錦を破り12勝2敗と並んだ琴錦は、小結ながらも連続
優勝ならば2階級特進での大関昇進が見えてきました。

しかし千秋楽に新小結の若花田に痛恨の黒星。当時の稽古場では若貴
曙を圧倒していただけに、悔やまれる敗戦でした。

実は13勝2敗で優勝した秋場所も、2敗は貴花田と若花田に喫した
ものでした。そして優勝・準優勝と続いて、大きな期待で迎えられた
平成4年初場所、初日に貴花田、2日目に若花田とまたも連敗し最大
のチャンスを逃します。

この場所、貴花田が14勝1敗で初優勝、曙が13勝2敗で準優勝、
若花田も10勝を上げ、若貴・曙時代の幕が開きます。7勝に終わっ
た琴錦は12日目に曙を破り、意地を見せました。

そして貴花田が2度目の優勝をする秋場所に準優勝した琴錦は、翌
九州場所には千秋楽まで13勝1敗で曙と並び、再度優勝のチャンス
でしたが千秋楽、貴花田に破れます。

平成3〜4年は琴錦と若貴・曙の競い合いでした。
横綱昇進を逃した小錦の人種差別発言が出たのもこの頃ですが、一気
に世代交代が進みます。琴錦は当時23〜4歳。

後のインタビューなどで、大関が懸かると足が震えるほどの緊張する
性格で、大事なところで力を出せなかったと述懐していますが、攻め
込んでの負けという、相撲に勝って勝負に負ける典型で、琴錦には
「惜しかったなあ」と思った場面の記憶が数多く残っています。

後の力士で似たタイプといえば、朝青龍しか考えつきません。朝青龍
が十両に昇進した平成12年秋場所に、やはり十両で琴錦は現役最後
の土俵を務めていました。メロドラマのようなすれ違いでした。

大相撲史上屈指のハイレベルな時代だった若貴時代を過ごした琴錦と、
大きな波が去った後に独走時代を築いた朝青龍、そのスピード対決を
1度は見てみたかったものです。

ちなみに、やはりインタビュー記事で元琴錦の浅香山親方は、その
明快な相撲解説と同様に、朝青龍攻略の質問に対して自信たっぷり
で答えていたのが印象的でした。

昭和62年12月31日、横綱双羽黒が廃業した衝撃は、現在の朝青龍
問題の比ではありませんでした。

もちろん朝青龍問題には、今後の大相撲の方向性を考えさせられる大きな
テーマが含まれていますが、スキャンダラスな部分で現役横綱の24歳で
の廃業というのは類を見ない大トラブル。

199センチ、157キロの体は柔軟性に富み、廃業直前の巡業の稽古
では第一人者の千代の富士を圧倒し、翌年からは千代・双の並立時代と
いう新たな展開が期待されていた矢先の出来事でした。

2m級ながらバランスが良く下半身も安定して、右四つ左上手の堂々と
した取り口には大きな将来性を感じさせました。

曙が23歳で横綱に昇進した平成5年、もし双羽黒が現役だったならば
29歳、如何にして迎え撃ったことでしょう。

曙は204センチで横綱昇進時は200キロ前後、巨漢ながら全身にバネ
があり、突っ張りでも四つ身でも相撲が取れました。

双羽黒の柔軟な体が曙の突っ張りをどう防ぐか、がっぷり四つになれば
2mの力相撲です。あの体で右四つがっぷりになり、土俵狭しと攻め合い
と凌ぎ合い、見る方が息苦しくなりそうな迫力の攻防が目に浮かびます。

曙は貴乃花と幕内対戦21勝21敗の成績を残しますが、体型とスタイル
の違いが大きく、名勝負と一方的相撲の差が激しい取組でした。

極めつけのテクニシャンだった貴乃花との相撲より、真っ向から受け止め
たであろう双羽黒との取組で、曙の右四つの相撲がさらに磨かれ、光を
増したかもしれません。

実際のところ、曙の初土俵は双羽黒の廃業から3ヵ月後で、まったくの
すれ違いでした。

後日プロレスに転向した双羽黒は、強烈な自我とそれに対応しなかった
周囲との確執で、ここでも廃業となります。

しかしこの相撲史に残る2m横綱の対決が、もしプロレスのリングで実現
していたならば、大相撲ファンは逆に救われなかったでしょう。

1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM