一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:スポーツ

「大相撲になりました!最強の力士」で、サイトのタイトル通りに「最強の力士」のページを作成しました。歴代の最強と思われる横綱の、瞬間最大風速を計ってみました。

 

年度を問わず、もっとも成績が良かった期間を、連続6場所で分析を試みました。この視点だと何度か当ブログで書いていますが、横綱玉の海の死の直前の成績が、いかに凄まじかったかが分かります。

 

このブログが北玉時代の多くを記してきたので、玉の海が目立つような分析をしているように感じられるかもしれませんが、逆に言うと通算の成績で判断するものは多く存在すると思いますので、私の一つぐらいは良いでしょう。

 

分析している横綱は、双葉山大鵬玉の海北の湖千代の富士貴乃花朝青龍白鵬です。しかし改めて驚くのは、連続6場所での白鵬のベストは88勝2敗、これはさすがに圧倒的です。

 

その期間で負けた力士、ライバルの存在、備考欄での時代背景など、私なりの切り口で作成したつもりです。宜しくお願いします。

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:スポーツ

 

白鵬が千秋楽を待たずに、優勝を決めました。今場所は初日から、土俵入りも含めて気迫に溢れてました。

 

14日目で3差がつくという、ここに来ての圧倒的な白鵬の存在感でした。

 

14日目、一番印象に残ったのは169僂両閥が、190僂梁膾粛鬚鯆澆蟒个靴秦衙个任后

 

 

強烈なインパクト。

 

豪栄道も日馬富士相手に、良い相撲でした。「大相撲になりました!最強の力士」は最新記事は貴源治

記事は⇒こちら

 

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

私の大相撲の記憶は5歳から、昭和40年の秋場所あたりからです。当時の立合いは言うまでもなく、中腰の立合いでした。もう復活することは無いでしょう。

 

それでも今の、立ち上がる時だけ合えば良い、という立合いには常に疑問を持っていました。アマチュア相撲の延長線にあるように感じています。

 

数秒間も両手をついていたら、重心が土俵に逃げてしまうと思えました。もっと股関節に重心を残さないと、本当の立合いは出来ないのではないかと。

 

かつての双葉山の立合いは両手をついたものでしたが、ほぼついた瞬間に立っていました。もちろん当時は、気が合うまで時間の制限なく仕切っていた時代だから可能だったのは理解できます。

 

ただ意外なのは、双葉山に相対する力士は手をつかなくても立って、それで成立していました。両手をきちんとつく立合いなど、過去に存在しなかったのではないかと思いました。

 

しかし先日、相撲解説で貴乃花親方の「一歩目ではなく二歩目が大事です。二歩目が三歩目・四歩目につながります」という言葉を聞いて、考え方を改めました。

 

立合いにこだわるのは、今の立合いの一発目を重視している相撲と同じことで、昭和の相撲にこだわることではなく、新しい価値観を持つべきだと認識を新たにしました。

 

そこに現れたのが、宇良です。宇良は初めから、立合いの一発目の当たりに付き合う気はありません。それは残り腰がある自信の表れではありますが、新しい大相撲を見せてくれたような想いです。

 

立合いの一発目を重視した立合いが、淡白な相撲の大きな要因と考えていました。そして淡白な相撲が増えたことが、10年前にこのブログを始めたきっかけでもあります。

 

宇良は、「今のままの一発目重視の立合いでは通じないよ」と言っているような気がします。両手を土俵についても股関節に重心が残ってるよと、これは私に響いてきます。

 

砂かぶりの夜を始めて10年、大相撲はまた新しい時代に入ったのかもしれません。ということで、場所中ですが「大相撲になりました!最強の力士」では新しいページ、「横綱物語」を作成しました。

 

北の富士・玉の海・千代の富士・貴乃花・朝青龍を、通常のブログ以上のボリュウムと画像を添えての記事となっております。それなりに?、頑張りました。

 

北の富士と玉の海は砂かぶりの夜では定番ですが、千代の富士と貴乃花にはあまり触れていませんでした。朝青龍については初期は色々な問題があって頻繁に登場しましたが、最近はほとんど書いていませんでした。

 

書きながらも、新しい発見があるなぁと思いながら完成しました。時代を創った横綱の、その時代の匂いを伝えたいと思っております。

 

 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

 

 

 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

本ブログも今年で10年。

 

ブログのアドレスが http://sumomania.jugem.jp になります。今までは独自ドメインのアドレスがメインでしたが、これからは上記のアドレスのみです。よろしくお願いします。

 

10年前というと、白鵬が横綱に昇進した年。朝青龍全盛時代に、ほぼ同時期に入幕した白鵬・琴欧洲・日馬富士・稀勢の里。朝青龍への挑戦という形で成長し、当初は大関争いで先陣を切った琴欧洲が白鵬のライバルとなり、やがて白鵬と日馬富士が東西の横綱となり、そして今、稀勢の里が新たに並び立つことになりました。

 

また新たな10年が始まるという感じです。

初場所も残り3日。

力士の重量化によって面白い相撲が見られない、最近のファンは可哀相という記事を書いたのが去年の9月でした。

 

今場所は違いますね。

まずは荒鷲、曲者という感じです。朝青龍・白鵬の並立時代から、度々「横綱に対しての相撲が正直すぎる」「曲者がもっと出てきてほしい」と書いてきましたが、荒鷲は良いですねぇ。

 

それから玉鷲、突き押しに磨きが掛かりました。時間は掛かりましたが、それだけ突っ張りは難しい技術だということが分かります。碧山が優しい顔立ちなのに拍手が少ないのは、突っ張りの指が相手の目に入ることがあったからでは、などと思ったりします。

 

突っ張りは御嶽海も良いですねぇ。

 

初日の大相撲中継で今年期待の若手に上げられていた遠藤と正代、地力はまだまだのようです。しかし遠藤の右前廻しと正代の両差し、型が出来ています。大関候補うんぬんは別にして、型のある力士の相撲には攻防が生まれます。

 

貴ノ岩・蒼国来も型を持って、星も上げています。横綱・大関戦が見たい力士です。そして、型を持ってないのに強い高安。

 

幕下の石橋・貴源治も楽しみです。これで、吊りや打棄りを見せるソップの力士が出てくれば・・・は少し欲張り過ぎでしょう。

 

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM