一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

昭和の大相撲をテーマにして始めた当ブログ、当初は「大相撲あの力士この技」がメインのカテゴリーでしたが、実に3年半振りの更新です。原点回帰ということで・・・。

今回はスピード相撲の元小結羽黒岩、というよりも「戸田」の方が印象は強いですね。

昭和42年初場所、本名の戸田で入幕した羽黒岩は当時20歳。活きの良い押し相撲で、一場所前に同じく20歳で入幕した「牛若丸」藤ノ川とともに注目されます。

しかし「羽黒岩」よりも「戸田」の印象が強い、その決定的な理由は別にあります。それは、“あの”大鵬戦の時の四股名が戸田だったからです。昭和44年春場所2日目のことでした。

当時、昭和以降では双葉山の69連勝に次ぐ45連勝を記録していた大鵬の連勝をストップした、というより“世紀の大誤審”の方が通りが良いかもしれません。今では当たり前の、勝負判定にビデオを使用するきっかけになった一番です。

余談ですが、当時はスローモーションビデオというのも、まだ開発段階だったのでしょう、「只今の一番」の再生には「分解写真」が使われていました。見づらかったですね、「分解写真」。

さてその後DVDなどで、この大鵬ー戸田戦を見る機会はありますが、実際のところ「何で見間違えるんだ」と思うほど、早い段階で戸田の足は土俵を割っています。

などとは、今だから言えること。当時リアルタイムで見ていた者にとっては全く違うのです。戸田のぶちかましからの押しに、大鵬は一瞬大きくよろめきます。「大鵬が負けた」と本当に思いました。それは、戸田の押しの速さだからこそでしょう。

大鵬が負けたと思い、軍配が大鵬に上がってほっとして、そして物言いの結果に愕然とし・・・。常勝大鵬、「大鵬負けろ」という言葉が流行った(?)のもこの頃でしたが、連勝に期待していた、この時だけは「大鵬負けるな」でした。

そして世紀の大誤審を生んだ、戸田の速攻もまた忘れられません。


にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
 

栃赤城が大関に近づいたのは、昭和55年春場所でした。

大関旭国が引退し、貴ノ花が一人大関となった昭和54年九州場所、
関脇の増位山(11勝)と前頭筆頭の栃赤城(10勝)を上げてます。

翌昭和55年初場所、増位山と栃赤城は再び快進撃。

特に栃赤城は中日まで勝ちっ放しで、同じく全勝の横綱三重ノ海と
対戦します。前場所に14勝1敗で優勝している三重ノ海に唯一の
黒星をつけていたのが栃赤城でした。

周囲の盛り上がりとは裏腹に栃赤城は至ってクール、番付通りの結果と
なり、三重ノ海は全勝優勝を果たします。

この場所で増位山は12勝3敗、直近3場所を31勝で大関に昇進
します。まさにワンチャンスを生かした昇進でした。

栃赤城は11勝4敗、大関挑戦が初めてとはいえ、直前で増位山の例も
あり、翌春場所への期待は高まりました。

当時貴ノ花は30歳、新大関の増位山が31歳。25歳の栃赤城は
変則的ではあるものの技巧派、観客を湧かせる異能力士。

昭和55年春場所前、大関獲りへ向けての栃赤城へのインタビューで
栃赤城は断言します。「絶対に大関は無理だ!」と。

断言通り、6勝9敗で唯一の大関獲りのチャンスを逃します。
以後、大関への可能性を感じさせることはありませんでした。

しかし当時、栃赤城が土俵を最も湧かせた力士だったことは間違い
ありません。土俵際での大逆転、とったり・逆とったりといった妙手、
それを横綱三重ノ海・若乃花、大関貴ノ花相手に見せるのですから、
湧かないわけはありません。

めまぐるしい攻防が特徴だったのとは真逆の、冷めた談話。本物の
異能力士でした。

輪湖時代の最終盤、そして千代の富士と隆の里が化ける前夜だった
昭和55年春場所の出来事です。


元関脇 栃赤城 敬典   生年月日 昭和29年10月31日
               没年月日 平成9年 8月18日


にほんブログ村 相撲・大相撲⇔ランキング参加しています。
ポチッとお願いします。



元関脇荒勢の荒瀬英生さんが、11日亡くなられました。
59歳という若さ、残念でなりません。

先日ブログで取り上げた富士桜・鷲羽山とともに、昭和50年前後の
大相撲を盛り上げた個性派力士の1人でした。

178センチ・151キロの固太りのタイコ腹。その体を利した迫力満点の
がぶり寄りが18番。

琴風や琴奨菊のがぶり寄りとは少し違い、力感溢れる上半身で廻しを引き
付け、相手を前後に揺さぶるような豪快ながぶりでした。

不適な面構えにもみあげが似合い、野武士のイメージを漂わせていました。

大関に近づいたときもありました。昭和52年秋場所、小結で2場所連続
勝ち越しで東関脇で迎えたこの場所、3大関を破り11勝4敗で技能賞を
獲得します。

そのがぶり寄りが評価されての技能賞でしたが、野武士的イメージそのまま
どこか勝負に淡白なところもあり、大関獲りの雰囲気はありませんでした。

それを荒勢らしさと感じさせるのは、やはり個性が前面に出ていたからだと
思います。

今から30年ほど前、在籍していた大学のバレーボール部は、3月と11月
に合宿を行なっていました。

11月、寝泊りしていた海岸沿いの合宿所の隣に、花籠部屋の宿舎があり
ました。朝の練習のため外に出た私は、その宿舎の2階の部屋に荒勢を見つ
けると、「あ、荒勢だ!」と叫びました。(学生でしたから)

荒勢はしばらく無表情で外を眺めていました。一瞬、目が合ったような、
むしろこっちを見ていたような感じでした。あのときの荒勢の顔は、今でも
はっきりと覚えています。

その海岸沿いの合宿所も今では埋め立てられて市街地となり、ソフトバンク
ホークスの本拠地ヤフードームを初め、巨大な建造物が立ち並びます。

30年の時の流れを改めて感じます。

荒瀬英生さんのご冥福をお祈りいたします。

元関脇 荒勢    生年月日  昭和24年 6月 20日
            没年月日  平成20年 8月 11日

3日続けての「あの力士、この技」ですが、今日で23人目なのに突き押し
の力士に関して、まだ書いたことがありませんでした。

押し相撲の力士で誰が一番印象に残っているかというと、迷うことなく
元大関、大受を上げたいと思います。

審判委員として、長老格となった元大受の朝日山親方は、今でもテレビ
でよく目にします。昭和48年名古屋場所で、史上初の三賞独占を果たして
大関に昇進した当時の大受は、ピッカピカに輝いていました。

大受は左右のハズとおっつけの、徹底した押し相撲でした。立合いに強烈に
当たるタイプではなく、じわじわと、しかし強烈に押し上げる相撲でした。

廻しを引かれれば三段目といわれ、実際に四つ相撲では話になりません
でしたが、それでも大関にまで駆け上がりました。

今の土俵に本格的な四つ相撲を取れる力士が少ないように、廻しを引かれ
ると三段目というような本格的な押し相撲の力士も少ないように感じます。

四つか突き押し、どちらかが得意にせよ、オールラウンドプレーヤー的な
力士が増えたのは、やはり間違いないでしょう。

大受の相撲には、股関節の柔らかさが強く印象に残っています。
177センチ・150キロの体を、常に柔らかい股関節が支えていました。

言い換えると、上半身が前のめりになることが見られない押し相撲です。
引きや叩きを警戒して、押しが中途半端になることなど皆無でした。

重心を常に股関節が支え、前のめりにならなかったのは、つまりは足が
きちんと運べていたわけです。

引きや叩きに強かった大受と、天下一品のいなしの技術があった現出羽海
親方、小兵の名関脇鷲羽山との相撲は壮絶を極めました。

大受の押しと、鷲羽山のいなしと土俵際の変化・粘り。土俵とはこんなにも
広いものかと思うほど、攻守ところを変えること数え切れない大相撲を展開
しました。

押しも押したり、いなしもいなしたり。前に落ちない大受と、土俵を割らない
鷲羽山。その土俵には、美しささえ感じられました。

押し相撲一筋、23歳で大関に昇進した大受は、しかし首の古傷の悪化で
在位5場所で大関陥落、27歳で無念の引退でした。今のように医療が発達
した時代ならば、復活したかもしれませんが・・・。

当時の名解説者である玉ノ海梅吉さんが語った、「土の匂いがする力士」と
いう言葉は、力士を形容するコピーとして最も秀逸な作品の1つです。

大受の真骨頂である足の運びは、体から土の匂いがするほどの猛稽古が
あったればこそでしょう。


元大関、大受久晃  生年月日  昭和25年 3月19日

大相撲史上、内掛けの名手といえば大関琴ヶ濱ですが、引退したのが昭和
37年九州場所で私が2歳のとき、残念ながら鮮明な記憶はありません。

"南海の黒ヒョウ"と呼ばれ、精悍な表情と獲物を捕えるかのような琴ヶ濱
の内掛けとは対照的に、ケロリとした顔で決めるのが増位山でした。

昭和40年代後半から50年代前半、シラケ世代という言葉が流行り、その
代表格が力士でいえば増位山、芸能界では今をときめく水谷豊でした。

昨日取り上げた鶴ヶ嶺が、三男の寺尾とは見事に似ていなかったのと同様に
増位山もまた親子なのに、まったく似ていませんでした。

初代大関増位山は以前力道山のくだりで書きましたが、あの力道山がヤサ
おとこに見えるほどの、ゴツゴツとしたイメージでした。

対してシラケ世代の増位山は、闘志はあるのか無いのかといった表情。
そして、粋な遊び人風の二枚目力士、まさに対照的です。

この増位山、まさか親子二代で大関になるとは、一時期は思いも寄りません
でした。二枚目なうえ、歌手として有名でしたから。

北の富士や琴風も確かに歌手デビューしましたし、大ヒット曲もありますが、
デビュー当時はすでに大関という存在、そして代表曲も1曲です。

増位山は代表曲もミリオンセラーになりましたが、それ以上にある程度の
期間、ある程度の数をリリースした本格的な歌手でした。

それが昭和55年初場所、当時は貴ノ花の1人大関、増位山は31歳で
大関に昇進します。これは昨年琴光喜に破られるまで、長きにわたって
最年長記録でした。

幕内成績が勝率5割を切っている、たぶん唯一人の大関ですが、それは
本当にワンチャンスを生かした昇進だったことを物語っています。

しかし今、DVDなどで改めて増位山の相撲を見ていると、意外と力感のある
体をしていたことに気付きます。

中学時代は父親に入門を断られ、高校時代は水泳で鍛え、断るのなら他の
部屋に入門するとおどして?、18歳のときに父親の三保ヶ関部屋に入門
します。

プレイボーイ風の顔立ちとは違って、中身は根性が座っていたのでしょう。

力士の中で、いやプロスポーツ選手全般の中で、もっとも本格的な歌手活動
をして、もっとも実績を残した存在だと思います。

顔の良さと連発するヒット曲、本当に歌手に転向するのかと思ったその
右手に握られたマイクは現在、審判部副部長として物言いの協議の結果を
お伝えしています。


元大関 増位山太志郎   生年月日 昭和23年 11月16日


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

Link

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    タイヘイ
  • 北の富士と玉乃島の対戦は、やっぱり凄かった
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    赤城
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    タイヘイ
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 吊り出しは若浪・明武谷・玉の海*どちらもキレイな吊り出しです
    shin2
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    栃赤城ファン
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    荻谷竜
  • 声で相手を威嚇していた力士の立合い
    M.H
  • あの力士この技〜栃赤城の逆とったり
    岡田

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM